WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

松明あかし2018、須賀川市の駐車場や交通規制はどこ?日程や見どころはこちらから

福島では毎年盛大な火祭りが行われます。

その名も「松明あかし(たいまつあかし)」
巨大な松明が何本も並び、見る人はその炎に圧倒されます!
そんな松明あかしを一度は生で見てみたいと思いませんか?

今回は日本三大火祭りにも挙げられる松明あかしをその由来とともにご紹介します。

松明あかしとは?

引用:http://www.kanda-package.com

福島県須賀川市で420年続く松明あかし。「あかし」とは、神仏に捧げる灯りのことです。

松明あかしとは、独眼竜政宗で知られる伊達政宗との戦いに敗れた、須賀川・二階堂家への鎮魂の祭りなのです。

今はお祭りとして盛大になっていき、長さ10メートル、重さ3トンもある大松明(おおたいまつ)を担ぎ、総出で街を練り歩きます。

そして須賀川城跡に建つ二階堂神社で奉受された御神火(ごしんか)は、会場となる五老山へと向かいます。市民の手によって小松明も奉納され、火祭りはクライマックスを迎えます。

 

松明あかし2018の場所・日程は?

松明通り・五老山(翠ヶ丘公園内)

2018年11月10日(土)開催(雨天決行)

(毎年11月の第二土曜に開催されています)
これは2017年のスケジュールですが、基本的には雨天決行のようです。さすが火祭り。雨も、ものともしません。

松明あかしは2018年11月10日(土)開催ですが、その前日の11月9日(金)に岩瀬八幡神社で前夜祭が行われます。※スケジュールは2017年のものです。

 

日程 11月9日(金)
前夜祭  八幡山衍義(はちまんやまえんぎ)
開催時間  18:00~19:00
場所  岩瀬八幡神社
クリックでGooglemapを拡大します

 

八幡山衍義は1998年(平成10年)に始められたお祭りです。

岩瀬八幡神社にはかがり火が設置され18:00を過ぎたあたりから、八幡こども太鼓隊による太鼓演奏が始まります。

※記事は2017年のものを参考にしています。

続いて、翌11月10日のスケジュールをまとめておきます。

日程 11月10日(土)
時間 場所 イベント名
11:00~ 翠が丘公園 ご当地イベント
13:00~16:00 松明通り・須賀川信用金庫本店 おもてなしイベント
13:30~14:10 松明通り・吉田医院前 大松明・姫松明披露
16:00~ 翠ヶ丘公園芝生広場 他 キャンドルナイト
16:45~17:00 二階堂神社 御神火奉受式・献吟
17:00~ 妙見児童公園 団体小松明行列出発
17:30~18:30 見晴橋駐車場 一般参加・小松明行列
18:00~20:15 五郎山特設ステージ 松明太鼓演奏
18:30~ 五郎山 大松明点火
19:15~ 武者仕掛松明点火
19:30~イベント終了まで 城仕掛松明点火

 

11月10日のスケジュールはメインイベントの大松明もあるため、もりだくさんですね!

 

クリックでGooglemapを拡大します。

 

松明あかし2018、須賀川市の駐車場・交通規制の場所はどこ?

駐車場情報はこちら

松明あかしでは遠方からの参拝者のために無料の臨時駐車場が設けられています。松明あかしが始まると交通規制になるため、早めに出かけられることをお勧めします。

場所 牡丹園駐車場
住所 福島市須賀川市牡丹園80-1
電話 0248-73-2422
収容台数 1000台
その他 五郎山までシャトルバスで10分
クリックでGooglemapを拡大します

 

 

福島病院が一番五郎山に近い駐車場です。

当日は会場から一番の近場とあり、近いところから埋まっていきます。

場所 福島病院
住所 須賀川市芦田塚13
収容台数 280台
その他 五郎山まで徒歩5分
クリックでGooglemapを拡大します

 

 

場所 阿武隈小学校
住所 福島市須賀川市古館70
収容台数 545台
その他 五郎山まで徒歩20分
クリックでGooglemapを拡大します。

 

 

★こちらは最大9時間無料の駐車場ですが、所定の時間帯以外は有料ですのでご注意ください。

場所 須賀川市役所
住所 福島市須賀川市八幡
収容台数 100台
その他 五郎山まで徒歩15分
備考 13:00~21:00入庫の場合最大9時間無料
(所定の時間帯以外に入庫の場合は有料
クリックでGooglemapを拡大します

須賀川市の交通規制は?

松明あかし当日は交通規制が敷かれます。規制場所と時間は以下の通りです。※2017年のものを参考にしています。

交通規制が敷かれる場所 規制時間帯
1・松明通り 13:00~17:00
2・馬町通り 14:00~17:00
3・五郎山(翠ヶ丘公園)道路周辺 14:30~22:00

松明通りと馬町通りは大松明と姫松明が通過後、通行止めが解除されます。

昨年の交通規制地図がこちらです。

引用:http://www.city.sukagawa.fukushima.jp

※クリックすると拡大します。

松明あかしの見所や画像

 

松明あかしの見どころは、五郎山にて打ち鳴らされる松明太鼓に巨大松明による炎の奉納!

巨大な大松明

祭りのメインになる大松明は長さ10メートル、重さが3トン。その数なんと30本!

2キロ先の五老山を、この日集まった一般参加の方たち約150人がかりで担ぎます。

担ぎ終えた30本の松明は、すべて人の手によって立てていきます。

 

対となる姫松明

 

対となる姫松明(ひめたいまつ)は女性だけで担がれます。男性の担ぐ本松明よりはやや小ぶりなものですが、その大きさは6メートル、重さが1トンにもなります。

大人たちにも負けない!地元の中学生や高校生たちが作る本松明もあります。

 

地元の中高生たちが作り上げる本松明(ほんたいまつ)。こちらも作り手が総出で担ぎ出します。

五老山で松明を設置している頃、須賀川の二階堂神社から御神火が送り出されます。そして御神火とともに町民たちは小松明を持って五老山を目指します。

総勢500人以上の人々が協力して運んできた松明。
そしてその御神火が五老山へ届くと、命綱一本で人が大松明にのぼって行き点火します。400年以上にわたって受け継がれてきた松明に点けられた炎はやがて天をつき、巨大な炎は夜を照らします。

ここで注意!
松明あかしの最中は火の粉が飛んでくる可能性があるため、ナイロンや化学繊維の服は避けるようにしてください。

松明あかし2018の屋台の場所や時間は?

松明あかしでは屋台も多数出店しており、ご当地グルメも堪能できます。

中でも戦国鍋松明スープなど松明あかしならではのメニューがあり、季節の農産物の販売が行われたり。
ここでしか味わえない貴重な屋台が並びます。
他には、小松明製作コーナーが設けられたり、甲冑を着た鎧武者との記念撮影が楽しめます。

そして、16:00~は翠ヶ丘公園芝生広場に1000個以上のLEDキャンドルが飾られます。
赤、黄、緑のキャンドルが幻想的な世界を作り上げます。

そろそろ寒くなってきた時期。暖かいスープや鍋でぽかぽかになりながらメインイベントの松明あかしに備えましょう。

※記事は2017年のものを参考にしています。

11月10日の出店スケジュールをまとめておきます。

日程 11月10日(土)
時間 場所 イベント名
11:00~ 翠ケ丘公園 ご当地イベント
13:00~16:00 松明通り・須賀川信用金庫本店 おもてなしイベント
16:00~ 翠ヶ丘公園芝生広場 他 キャンドルナイト

屋台でスタミナをつけて大松明に備えましょう!

 

松明あかしへのアクセス

 

クリックでGooglemapを拡大します。
須賀川松明あかし実行委員会(事務局:須賀川観光委員会)
〒962-8601 福島県須賀川市八幡町135番地
電話:0248-88-9144
電子メール:s-kankou@trad.ocn.ne.jp

公共の交通機関でのアクセス

関東方面から
「東京駅」(JR新幹線やまびこ 仙台行・約1時間20分)→「郡山駅」(JR東北本線 黒磯行・約10分)→「須賀川駅」(シャトルバスまたは徒歩約20分)→翠ヶ丘公園

仙台方面から
「仙台駅」(JR新幹線やまびこ 東京行・約50分)→「郡山駅」(JR東北本線 黒磯行・約10分)→「須賀川駅」(シャトルバスまたは徒歩約20分)→翠ヶ丘公園

新潟方面から
「新潟駅」(JR新幹線とき 東京行・約1時間40分)→「大宮駅」(JR新幹線やまびこ 仙台行・約55分)→「郡山駅」(JR東北本線 黒磯行・約10分)→「須賀川駅」(シャトルバスまたは徒歩約20分)→翠ヶ丘公園

シャトルバスの運行

お祭り当日は、須賀川駅牡丹園駐車場須賀川市文化センター前から会場まで有料のシャトルバスが運行されます

運行時間は16:00~21:00までの間(10分間隔)

「牡丹園駐車場」~松明あかし会場(東部環状線) 片道170円
「須賀川駅」~松明あかし会場(東部環状線) 片道200円
「須賀川市文化センター前」~松明あかし会場(東部環状線) 片道310円

車でのアクセス

関東方面から
「浦和IC」→東北自動車道→「須賀川IC」→国道118号線経由→翠ヶ丘公園(約2時間15分)

仙台方面から
「仙台南IC」→東北自動車道→「須賀川IC」→国道118号線経由→翠ヶ丘公園(約1時間30分)

新潟方面から
「新潟中央IC」→磐越自動車道→「郡山JCT」→東北自動車道→「須賀川IC」→国道118号線経由→翠ヶ丘公園(約2時間20分)

 

松明あかしの由来や歴史は?

 

 

松明あかしは、奥州の伊達氏に滅ぼされた須賀川の大名・二階堂家と、戦死した多くの人々の霊を弔うための鎮魂祭が始まりとなっています。

天正17年(西暦1589年)6月。伊達政宗は会津黒川城(今の若松城)城主・芦名氏を滅ぼし、続いて須賀川城を攻撃しようと画策していました。

城主・大乗院と家臣たちは、城を守るため一致団結して伊達軍と戦う決意をします。そして10月10日にそれぞれ松明を持って町の東にある十日山に集まりました。この故事が松明あかしの由来となっています。

同年10月26日、伊達政宗が大群を引き連れて須賀川に侵入し、戦の火ぶたが切って落とされました。二階堂家の家臣たちは決死の覚悟でこれを迎え撃ちます。

しかし、二階堂家の家臣・守谷筑後守(もりやちくごのかみ)は伊達側と内通しており、須賀川城本丸の風上にある長禄寺に火を放ちます。この謀反により、須賀川城や城下町は火の海となり、家臣一同は燃え盛る城と共に非業の最期を遂げたのです。

松明あかしは、かつては蜂起があった旧暦の10月10日、その後1985年までは新暦の11月10日に開催されていましたが、1986年以降は現在の11月第2土曜日に開催されています。

まとめ

いかがでしたか? 日本三大火祭りに挙げられる松明あかしには、こんな悲しいお話が隠されていたのですね。

なお、松明あかしの最中は、松明の近くは暖かいのですが、松明を離れると、東北地方の11月とあってとても寒いので、厚手の上着を用意するなど防寒対策をしっかりとして当日に臨みましょう。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!