WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

畳のカビの正しい取り方はコレだ!カビの原因や対策、臭いの取り方も紹介

高温多湿な夏場はカビに要注意です。

家の中でも畳のカビは一度できてしまうと厄介。

「畳が真っ黒になっていた・・・」
ということはよくあります。

カビを落とすのが大変な上、臭いまでこびりついてしまうことも・・・

畳のカビの取り方や匂いの消し方をご紹介します。
畳のカビの原因と対策を知って、カビ知らずを目指しましょう。

畳にカビができる原因は?

知らず知らず畳を黒くしてしまっていることがありますよね。

畳はフローリングよりもカビを生やしやすい性質があります。

畳にカビができる原因をご紹介します。

原因をなくしてカビを防ぎましょう。

湿気が多い

畳のカビとなる原因第一位は、「湿気」です。

畳に使用されている井草は、湿気を吸いやすい素材です。

湿度80%以上・温度20~30度が最もカビが生えやすくなります。

カビは0~45度の間でも発生するので、年中を通してカビは生えます。

 

その中でも一番生えやすい時期は、梅雨と夏です。

部屋干しや締め切った窓、キッチンやお風呂場の蒸気・・・

ベッドの寝汗・・・

日頃のちょっとしたことでも家の中に湿気を残してしまいます。

 

元々コンクリート系のマンションに住んでいたり、風通しが悪い家の場合は注意が必要です。

除湿機の使用やこまめな換気をしてください。

カビを生やしたくないならば、家の中の湿度を60%以下にするよう心がけましょう。

ホコリがカビの栄養になる?

カビが育つには、養分が必要です。

人間と同じようにタンパク質や炭水化物、ビタミン、アミノ酸を必要とします。

カビはビタミン以外の養分をホコリから摂っているのです。

食べかす、髪の毛、皮脂汚れ、垢、汗、石鹸カス・・・

ホコリの原因となるさまざまのものが、カビに栄養を与えています。

 

ホコリは畳の性質上溜まりやすいです。

表面にホコリはなくても、中にホコリが溜まっていることが多いです。

こまめな掃除が必要です。

畳の上に大きな物を置いている

畳の上に大きな物を置くことはタブーです。

タンスやソファーを置いていると、どうしても湿気はたまりやすいです。

湿気の逃げ道を作るには、大きなものを置かないことが大事です。

畳の上に絨毯やカーペットを引くのもタブーです。

 

また、畳の上で寝ることも危険です。

畳のにベッドを置いていたり、布団を敷きっぱなしにしていたり・・・

人間は一晩で1リットルもの汗をかきます。

寝汗を乾燥させないままにしておくと、カビはどんどん生えます。

朝布団をめくると、びっくりするほど湿気が溜まっていることに気付くはずです。

布団を毎日上げたり、干すことが必要です。

ベッドの下のカビがひどい場合は、寝室を変える必要があるかもしれません。

畳が新しい

畳に使用されている井草は、湿気や匂い、ほこりを吸収しやすいです。

畳は湿度の高い日本の気候にあっています。

しかし、新しい畳ほどその機能は発揮され、湿気をため込みやすくなります。

新築の家や畳を新調した方は注意が必要です。

一見古い畳の方がカビが生えやすいように思いますが、新しい時こそがカビの落とし穴です。

新しい畳に変えた2~3年は気を付けてお手入れをしましょう。

畳のカビの取り方

カビには度合いがあります。

白や緑、黒のカビ・・・

種類によって掃除の仕方が変わります

また、絶対にやってはいけないこともあります。

プロのカビ取り業者のやり方を参考にした畳のカビの取り方をご紹介します。

畳のカビ取りで絶対やってはいけないこと

畳のカビ取りで絶対に行なってはいけないことを2つ紹介します。
行なっていた方は気をつけましょう。

掃除機は使ってもいい?

まず、「カビは掃除機で吸ってもよいのか?ダメなのか?」

いろいろな情報があり、正しいカビの取り方が分からなくなっている方もいると思います。

結論は、掃除機を使用してもいいです。

なぜなら、カビ取り専門業者、畳専門店、掃除専門店がカビの除去に掃除機を使用しているからです。

しかし、いきなり掃除機で吸い取るのはタブーのようです。

カビが掃除機内で繁殖したり、外気にカビをまき散らす恐れがあるからです。

エタノールで「カビを死滅させてから掃除機を使う」ことがポイントです。

掃除機で吸い取った後は、必ず紙パックの交換、フィルター・ノズルの掃除を行いましょう。

水拭きをしてはいけない

絶対やってはいけないことは水拭きです。

カビを見たら焦って水拭きやクイックルワイパーで掃除をしてしまいそうです。

しかし、カビは水分が大好きです。

掃除したつもりが、逆に菌を増殖させてしまうのです。

なるべく水を使わない掃除方法を行いましょう。

軽度(白や緑のカビ)

引用:http://taketantuu.blog119.fc2.com

軽度のカビの取り方をご紹介します。

初期のカビは表面に白いふわふわとしたカビができます。

時間が経つにつれて畳の中に入って行ったり、緑っぽくなっていきます。

湿度の多い窓際にカーペットを敷いていると、白いカビが生えていることが多いです。

用意するもの

  • 消毒スプレー(エタノール、アルコール)
  • マスク
  • ゴム手袋
  • 歯ブラシかタワシ
  • 掃除機
  • 乾いた雑巾

準備

  1. 窓を開けて換気する
  2. 手袋・マスクを装着する

掃除の仕方

  1. エタノールをカビの生えているところに吹きかけて15分放置する。(カビが死滅する)
  2. 歯ブラシで目に沿ってカビを掻き出す。(汚れたら歯ブラシを洗う)
  3. 掃除機で吸い取る。
  4. エタノールを吹きかけてから吹きをする。
  5. 2~4を繰り返す。
  6. 畳を乾燥させて終了。

重度(黒い斑点ができているカビ)

引用:http://koya-tatami.com

途中までの準備・カビの落とし方は軽度と同じです。

軽度では落ち切れない黒い変色。

畳の黒い変色を取る方法を紹介します。

準備するもの

  • 酸素系漂白剤
  • 重曹
  • 綿棒
  • 少量の水
  • エタノール
  • 乾いた雑巾

掃除の仕方

  1. 漂白剤と重曹を1:1で合わせる
  2. ドロっとするまで少量の水を足す
  3. 綿棒で少しとり、黒くなった部分に塗布する
  4. 黒いカビが取れたらエタノールをかける
  5. 乾いた雑巾で拭きとる
  6. 匂いが消えるまで4~5を繰り返す
  7. 畳が乾燥したら終了

末期(広範囲のカビ・落ちない真っ黒なカビ)

引用:http://blog.livedoor.jp

広範囲にカビが生えている場合や全体が真っ黒になっている場合です。

あまりにもグロテスクです。

自分でカビを除去するのは不可能です

畳が腐っている可能性もあります。

専門業者に頼むか、畳を新調した方がよさそうです。

畳だけではなく、畳の下のフローリングまでカビが侵食している可能性は高いです。

こうなってしまうと、畳を掃除してもカビ菌が残って増殖することも多いです。

専門の業者に相談することをおすすめします。

取れない臭いの落とし方

カビの臭いはこもって厄介です。

カビを除去したはずなのに、臭いは取れない!

お酢を使って臭いをなくしましょう。

お酢は、殺菌作用があるので臭いを取ってくれます。

口に入れるものなので、掃除の後に子供が寝転んでも安心です。

畳の変色がしにくいのも特徴です。

用意するもの

  • お酢
  • スプレー
  • 乾いた雑巾

やり方

  1. 水とお酢を10:1で薄める。
  2. スプレーで吹きかける。
  3. 乾いた雑巾で拭き取る。
  4. 畳を乾燥させて終了。

畳のカビ予防・対策

畳のカビは、掃除の仕方よりも予防が大切です。

カビの予防策を知っておけば、畳だけではなく家中のカビをなくすことができます。

換気をする

晴れた日は窓を開けて換気をしましょう。

部屋がカラッとするだけではなく、こもった臭いもなくなります。

しかし、雨の日の換気は逆効果です。

かえって湿気を取り込むのでやめましょう。

日中のお出かけの際は、畳の部屋の扉を開けて出かけることをおすすめします。

除湿機をかける

雨の日は毎回除湿機をかけましょう。

1日で1~2リットルの水が除湿されるので、びっくりしますよ。

晴れた日でも湿度が高いときがあります。

週に1回は除湿機をかけましょう。

 

畳のある部屋で寝ている場合は、布団をすのこなどに一旦かけて除湿機を毎日かけましょう。

こまめな掃除

週に1回、掃除機を目に沿ってかけます。

あまり使用しない場合でもホコリは勝手に溜まります。

畳の部屋で生活している場合は毎日掃除機をかけましょう。

 

エアコンにカビが生えている場合もあります。

カビをまき散らしてしまうので、エアコンの掃除も行いましょう。

絨毯・カーペットを敷かない

畳の多くのカビは、絨毯やカーペットが原因です。

こまめに掃除をしているならまだしも、週1で絨毯をめくって掃除している人は少ないと思います。

絨毯やカーペットはダニが増えやすいので、お手入れも大変になります。

いっそうのこと畳に何かを敷くのを辞めて、畳直接の味わいを楽しみましょう。

大きな家具を置かない

タンスや収納棚を置いている家庭は多いと思います。

しかし、掃除の度に動かすこともできず、湿気はどんどんたまっていきます。

大きな家具は、収納場所をほかの部屋に移しましょう。

畳の部屋で寝ない

畳の部屋で寝ている方は要注意です。

自然の湿気以外で、寝汗が一番カビを作りやすいです。

フローリングやベッドにもカビは生えてしまうので、湿気を吸収しやすい畳の上は要注意なのです。

毎日きちんと布団を上げて除湿できる方は大丈夫です。

置きっぱなしになるベッドの方やこまめな除湿に自信のない方は寝室を変えることが無難です。

畳のカビの取り方まとめ

畳のカビの取り方はマスターしましたでしょうか?

知らずに掃除をしてしまうと、余計にカビを増やしかねません。

一番の天敵である「湿気」をなくすことを心がけてください。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!