WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

たたら祭り2018の日程や花火情報は?サンバや駐車場も紹介!

夏といえばお祭り。そして、夏祭りといえば迫力の花火大会でしょう。
今回は花火をはじめ魅力的な催しが多い川口の夏祭り「たたら祭り」を紹介します。
「たたら祭り」は8月開催のお祭りで、2018年で第40回目を迎えます。




たたら祭りとは?

引用:https://www.tatara-matsuri.com//

「たたら祭り」とは埼玉県川口市で行われる夏祭りです。
毎年8月に開催し、開催場所は川口オートレース場です。

2018年に第40回を迎えるたたら祭りは、8月4日(土)、5日(日)の開催を予定しています。

「たたら祭り」は川口の夏の風物詩として有名です。
同時に、「人を育み誰もが活き活きと活躍できる元気なまちづくり」の一環でもあります。

2017年に行われた第39回たたら祭りでは「祭りでつくろう ふれあいの街」がスローガンでした。
市民を中心に市外の人も大勢訪れ、大賑わいの様子を見せました。

たたら祭りの歴史

たたら祭りの「たたら」とはもともと「ふいご」を由来とする言葉です。

「ふいご」は製鉄の時に風を送るために使われるものです。
主に燃焼を促進するために風を送り込むことを目的とします。
特にたたら製鉄では足踏み式のふいご(=たたら)を用いていました。

川口の産業は鋳物製造です。
かつてのたたら製鉄とふいご(たたら)が「たたら祭り」の由来と言えます。

「たたら祭り」自体も1908年(明治41年)から続いているお祭りです。
実は関東でも有数の歴史を誇っています。




たたら祭りのみどころ

「たたら祭り」のフィナーレには大迫力の花火が鑑賞できます。
それ以外にも会場ではサンバや流し踊り、初午太鼓、その他出し物が堪能できます。

ここでは、「たたら祭り」のみどころをいくつか紹介します。

サンバ

引用:https://www.tatara-matsuri.com//

「サンバパレード」は例年1日目にオートレース通りにて行われます。
ここ数年の「たたら祭り」の目玉のひとつとして人気を集めています。

国内のサンバチームが白熱した夏を演出するダンスを披露します。
列をなして踊り歩くさまは、外国のお祭りのようで盛り上がること間違いなしです。

「サンバパレード」は二日目には行われないので注意して下さい。

花火

引用:https://www.tatara-matsuri.com//

「たたら祭り」のフィナーレに披露される花火は最大の目玉です。
国内でも有名な花火大会のひとつであり、迫力も抜群です。

至近距離で打ち上げられることが特徴です。
真下から見上げる花火は川口の夏の風物詩と言えます。

例年、花火は3,000発ほど打ち上げられ、川口最大のお祭りは幕を下ろします。
「たたら祭り」の終わりに相応しい美しさと言えるでしょう。

流し踊り

引用:https://www.tatara-matsuri.com//

「流し踊り」は1日目に行われる催し物です。

「流し踊り」は川口郷里の「たたら音頭」に合わせた踊りとなります。

市民の参加者を集めることもあり、川口郷里の賑わいが味わえるでしょう。

「流し踊り」は1時間ほど催されます。
お祭り参加者同士の一体感が強い催し物です。

鋳物実演コーナー

引用:https://www.tatara-matsuri.com//

「鋳物実演コーナー」は川口の伝統産業と言える鋳物を実演するコーナーです。
「たたら祭り」の由来の一端に触れることが出来るでしょう。

実際に型作りから体験することが出来ます。
できあがった鋳物製品はプレゼントとしてもらうことが出来ます。

「鋳物実演コーナー」はオートレース会場で2日間通して行われます。

たたら祭りの花火の詳細

2018年の第40回「たたら祭り」の詳細データについてまとめます。

たたら祭りは毎年15万人から20万人の来場があります。
そのため、大変混雑が予測されるため、事前の準備を怠らないようにしましょう。

時間と場所

開催場所と開催時間、問い合わせ先など

開催日時 2018年8月4日(土)、5日(日)
1日目:朝10時から夜10時まで
2日目:朝10時から夜10時30分まで
開催場所 埼玉県川口市青木5-21-1
川口オートレース場およびその周辺
地図
問い合わせ先 川口市たたら祭り実行委員会事務局
TEL 048-285-0310
URL https://www.tatara-matsuri.com/

穴場スポット

会場で行われる催し物にはその場にいなければ参加できません。
しかし、花火なら多少遠くても鑑賞することが出来ます。

会場で見る花火も良いですが、人混みを避け穴場スポットでみる花火も良いものです。
以下に「たたら祭り」の花火いくつか紹介します。

場所 新芝川の土手
住所 埼玉県川口市鳩ヶ谷緑町2丁目付近
地図

 

場所 イオンモール川口前川の屋上
住所 埼玉県川口市前川1−1−11
地図

 

場所 三ツ和公園
住所 埼玉県川口市南鳩ヶ谷1丁目8
地図

雨の場合

一部の催し物は多少の雨であれば催されますが、雨天時の花火は基本的に中止となります。
雨天時の花火は延期ではなく中止ですので注意しましょう。




たたら祭りの日程、アクセス

たたら祭りの日程とアクセスをまとめます。
日程には2017年を参考に催し物をまとめます。
詳しくは公式ホームページに公開される予定のパンフレットを参考にして下さい。

たたら祭りの日程とアクセス

日程

2018年8月4日(土)、1日目

流し踊り・サンバパレード・初午太鼓など
日程

2018年8月5日(日)、2日目

フリーマーケット・模擬オートレース・大人みこし巡行・子どもみこし巡行・花火など
日程

2018年8月4日、5日の両日共通

メインステージコーナー(キャラクターショー・ダンス等)・みどりコーナー・鋳物実演コーナー・おばけ屋敷・はいてくコーナーなど
アクセス・車 首都高速川口線「加賀インター」より15分
東北自動車道「浦和インター」より20分
アクセス・電車など 埼玉高速鉄道南鳩ヶ谷駅より徒歩15分、

JR京浜東北線川口駅から徒歩30分

JR京浜東北線西川口駅より無料シャトルバスあり

たたら祭りの駐車場

川口「たたら祭り」の会場には駐車場は用意されていません。
オートレース会場は駐車スペースを備えていますが、お祭り期間中は利用不可です。

出来る限り公共の交通機関を使うようにしましょう。

ここでは、確実性に乏しいですが、周辺の利用できる有料駐車場を紹介します。

駐車場

場所 川口駅周辺
地図

 

場所 西川口駅付近の駐車場
地図

 

場所 川口オートレース場付近の駐車場
地図

 

場所 鳩ヶ谷駅付近の駐車場
地図

 




まとめ

引用:https://www.tatara-matsuri.com//

川口市で行われる「たたら祭り」についてまとめました。
花火をはじめとしてみどころの多い夏祭りです。

本文中では「たたら祭り」の2018年の開催日時や催し物についてまとめています。
地域色や地域との結びつきが強いお祭りであることも特徴的です。
地域に密着した企画もたくさんあります。

「たたら祭り」は2日間で例年15万人以上の人出が見込まれる大きなお祭りです。

一方で、会場に駐車場は用意されていません。
駅周辺や会場周辺にはコインパーキングなどがありますが、確実に利用できるとは言いにくいです。
出来る限り、公共交通機関を利用すると良いでしょう。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!