WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

タイヤの寿命の見極め方とタイヤ交換費用の比較まとめ!

車が路面と唯一接する部分であるタイヤ。

1トン近くの重さの車をハガキ1枚程度だけ接するタイヤだけで支え、発進やブレーキなどの摩擦にも耐えています。

「タイヤなんて走れれば大丈夫」
と思われがちですが、タイヤは燃費やブレーキ性能にも関わる重要なものです。

点検・整備をせずに放置しておくと、最悪の場合は破裂してしまったり事故を起こす可能性もあります。

タイヤの寿命や交換タイミング、交換方法や価格を比較してみました。




タイヤの寿命を見極めるポイント

「コレくらい走ったから」
「このくらい使ったから」

と曖昧な基準で考えている方も多いですが、タイヤの寿命をしっかりと意識したことはありますか?

ノーマルタイヤ(夏タイヤ)とスタットレスタイヤを履き替える場合もあるので、一概に「いつ」というのは明確に言えませんがタイヤ交換の目安をまとめました。


そもそもノーマルとスタットレスの違いとは?

引用:http://uechicchi.cocolog-nifty.com/
タイヤには大きく分けてノーマルタイヤとスタットレスタイヤの2種類が存在します。

ノーマルタイヤは積雪のない春〜秋にかけて使用するもので、スタットレスタイヤは冬場に使用するものです。

スタットレスタイヤはノーマルタイヤに比べて溝が深く作られています。
その深い溝が雪をキャッチしてくいついてくれるため、タイヤが凍結している路面でも空回りすること無く滑りを押さえて走ることができます。

また、タイヤのゴムが寒さに強いので「−20℃」になっても硬くならず、ゴムとしての性能を落とさないという特徴があります。

スタットレスタイヤで夏場を走行することは可能ですが、冬場にノーマルタイヤで走行するのはとても危険です。

雪に慣れていない地域などでは「スタットレスタイヤを着用していないタイミングで雪が降って事故が多発」というのも毎年のようにあります。

雪国ではその、事故が起きないほど、タイヤの性能は違います。


表で見るタイヤの寿命

ノーマルタイヤとスタットレスタイヤの寿命を表でまとめました。

ノーマルタイヤに比べると走行距離も使用年数も基本的には短くなります。

ノーマルタイヤ

走行距離 4〜5万km
使用年数 5年
溝の深さ 1.6mm以上
交換のサイン スリップサイン
タイヤ側面の目印

溝の残り深さが1.6mmになると、スリップサインが出てきます。


スタットレスタイヤ

走行距離 1.2〜1.5万km
使用年数 3〜4年
溝の深さ
交換のサイン プラットホーム
タイヤ側面の目印 矢印

溝の深さが新品時から50%になるとプラットホームという印が出てきます。

スリップサインやプラットホームは下記画像の×ように、溝がすり減り印との段差が無くなっているとアウトです。
引用:https://tire.bridgestone.co.jp/

ちなみに、スタットレスタイヤとしての機能はなくなっても、ノーマルタイヤとしてスリップサインが出るまでは使用することが可能です。


目で見る寿命の見極めポイント

距離や年数だけではなく、タイヤを自分の目で見て確認することも大切です。

走行距離や年数は目安以下でも、タイヤが思っている以上に消耗していれば交換が必要な場合もあります。


シワ、ヒビ割れ

引用:https://www.aihiro.com/

タイヤの横をチェックしてみて、ゴムにシワやヒビ割れがあるとタイヤの寿命の目安のひとつです。

タイヤのシワやヒビ割れは、夏の路面が熱い状態で走ったりするとタイヤが破裂してしまう恐れもあります。

タイヤの破裂は車の破損だけではなく、周囲に人がいる場合は人的被害も考えられるほど危険です。

上記の動画では人形ですが、爆発した場合の威力がわかります。


変形

縁石に乗り上げたり大きめの石を踏んだ衝撃でホイールごと変形することもあります。

変形はひと目で分かることが多いです。
シワやヒビ割れと同様に破裂したり、脱輪の可能性もあります。


溝の深さ

引用:http://www.car-maintenance.net/

タイヤには溝があります。
その溝の深さが規定以上でなければ、整備不良として公道を走ることは出来ません。

規定の溝が残っているのかはひと目でチェックすることができます。

【溝のチェック方法】
全てのタイヤには「スリップサイン(△)」「プラットホーム(矢印)」という溝をチェックするための目印がついています。

簡単にチェックできるので、自分の車の溝を確認してみてはいかがでしょうか?

1 タイヤ横の矢印を探す
矢印の先にスリップサインやプラットホームがあります。
引用:https://www.aihiro.com/

2 溝の有無を確認
スリップサインやプラットホームの確認をします。

スリップサインやプラットホームが横の溝と平になっているとアウトです。

溝が平になっている場合は、溝の深さが規定以下になっている証拠なのでタイヤの寿命です。

引用:https://www.aihiro.com/


タイヤ交換をできる場所のオススメは?

タイヤの寿命が来ていたら、安全のためにもタイヤを交換しましょう。

タイヤを交換する方法についてまとめました。


自力

引用:https://plaza.rakuten.co.jp/

タイヤ交換は手間さえ惜しまなければ自力でできます。

慣れると1〜2時間でできますし、1度道具を揃えてしまえば安上がりで済みます。

思っているよりも簡単なので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

【タイヤ交換の手順】
1 車のサイドブレーキをかけておく
2 タイヤのホイールキャップを外す
3 ナットを少し緩める
4 ジャッキで車体を持ち上げる
5 ナットを外しタイヤを交換する
6 ナットを締める
7 ジャッキを下ろす
8 空気圧をチェックする
9 タイヤにワックススプレーを吹きかける
10 タイヤカバーをして片付ける

【タイヤ交換に必要なもの】
・換えタイヤ
・換えナット
・軍手
・ジャッキ
・輪留め
・ホイールナットレンチ(インパクト)
・潤滑サビ止めスプレー
・タイヤワックススプレー
・タイヤカバー
・マイナスドライバー

【タイヤ交換の注意点】
・タイヤの回転の向きの確認
タイヤによっては回転の向きが指定されている場合があります。

回転の向きを無視してタイヤを取り付けた場合、燃費が悪くなったりブレーキの性能が落ちたりします。

向きの指定があるタイヤであるかの確認を必ずしましょう。

引用:http://xn--toru74ax59a0sk.com/

・交換するタイヤのローテーション
向きの指定がない場合、タイヤ交換時にタイヤのローテーションを行いましょう。

これは、タイヤが偏って消耗するのを防ぎ、タイヤを長持ちさせる秘訣にもなります。

駆動方式によってローテーションの仕方も変わるので、交換前に駆動方式も念のために確認しましょう。

引用:https://www.goodyear.co.jp/


ガソリンスタンド

引用:https://clicccar.com/
身近でどこにでもあり、比較的工賃が安いと言われています。

タイヤの持ち込みOKのところが多く、作業時間も早いです。

予約が無くても作業して貰えることもあり、緊急時のタイヤ交換にも向いています。


カー用品店

タイヤ館やイエローハットなどのカー用品店でもタイヤ交換は可能です。

ただし、タイヤの持ち込みは不可が多く予約が必要なことがほとんどです。


車検

引用:http://www.hayashikaneoil.co.jp/
車検時にタイヤ交換をする方法です。

車検代が高く付きますが、車が乗れない期間に一緒に交換できるので手間いらずです。


ディーラー

ディーラーでのタイヤ交換はタイヤ代が高いだけではなく、工賃もかなり割高です。

コストが掛かってしまいますが、ディーラーでのタイヤ交換にもメリットがあります。

ひとつは車にぴったりなベストタイヤを見つけてくれる。
もうひとつは有料ですが、引き取りと納車をしてくれるということ。

家から出ること無くタイヤ交換が出来るので、休みの日に家族と過ごしたい方などにはオススメです。


タイヤ交換の価格比較

自分でタイヤ交換してしまう方法からディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドで交換する方法について説明しました。

しかし、これらには3〜5万ちかくの価格差があります。

どの程度の価格差があるのか、表にしてまとめました。

なお、タイヤ交換の基準は
・タイヤは持ち込み
・4本全て交換
・車種はプリウス
・タイヤのサイズは15インチ
・タイヤの処分費は別

となっています。


自力で交換

初めて挑戦するなら工具代+勇気
2回目以降なら0円


ディーラー(トヨタ)

5万円程度


カー用品店

イエローハット 9,000円
ジェームス 5,200円
オートバックス 持ち込み対応不可
タイヤ館 持ち込み対応不可
平均価格 7,100円


ガソリンスタンド

ENEOS 10,800円
ESSO 8,640円
宇佐美 8,640円
平均価格 9,360円




まとめ

車のタイヤの寿命や交換時の価格を比較についておはなししました。

お金がかかるなと思ってタイヤ交換をしない方も、事故を起こしたりしては手遅れです。

古いタイヤは燃費も悪くなるので、結果的に燃費を考えると交換した方が良かったということもあります。

この機会にマイカーのタイヤをチェックしてみてはいかがでしょうか?

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!