WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

トイレつまりを自分で直す方法5選!お湯や重曹で溶ける?業者の料金相場もご紹介

トイレが詰まったら水が溢れるんじゃないかと焦ります。

下の階に水漏れして二次被害なんてこともあります。

無謀な対処は、排水管を破裂させてしまう恐れも。

そんなことがあると、工事費は馬鹿になりません。

家にあるものでトイレのつまりを直す方法をご紹介します。

つまりの原因や、業者の料金なども参考にしてみてください。

トイレのつまりの原因

トイレのつまりは案外おきやすいものです。

一番多い原因が「トイレットペーパーのつまり」

水に溶けるものではありますが、大量に流すとつまります。

ティッシュやウェットティッシュには要注意。

そのときは流れていても、後々つまることも多々。

トイレが詰まる原因をご紹介します。

大量のトイレットペーパー

トイレットペーパーは水に溶けます。

しかし、一度にあまりにも大量に流すとつまりの原因に。

トイレットペーパー半ロール分で詰まると言われています。

こまめに流すようにしましょう。

大量の排泄物

排泄物が多い場合も詰まる原因に。

特に古いトイレで、水圧が弱い場合は注意。

排泄物とトイレットペーパーがかさむと詰まってしまいます。

こちらもこまめに流すようにしましょう。

ティッシュペーパー

トイレットペーパーを切らしているときに使いがちです。

ティッシュは、水に溶けません

数枚だとそのまま流れることが多いです。

しかし、大量に使用すると詰まります

ティッシュを流すのはやめましょう。

水にとけるウェットティッシュ

水に溶けるタイプは安心。

そう思っていませんか?

トイレ掃除用のウェットティッシュは最近多いです。

水に溶けるとはいえ、少々時間がかかります

大量に流すのはタブーです。

食べ物を流した

カップラーメンの残り汁や残飯を流している方も多いのでは?

油分が多いものは、水に溶けにくいです。

大量に流すと詰まってしまう恐れがあります。

また、嘔吐物も注意です。

水圧の悪いトイレの場合は、控えましょう。

流してはけないものを流した

ウエットティッシュやビニール袋

ペンやおもちゃ・・・

生理用品が便器に落ちてしまったとき、そのまま流していませんか?

トイレに流してはいけないとされているものは、簡単につまります。

自分で修理ができない場合は、業者に高額な料金を払う羽目に。

流してはいけないものは、流さないことが鉄則です。

トイレが壊れている

トイレのつまりに原因がない場合もあります。

トイレのタンクに問題があり、水が流れないことも。

業者に頼んで修理をしてもらいましょう。

詰まったときにしてはいけないこと

トイレが詰まったら、誰でも焦ってしまいます。

しかし、やってはいけないことがあります。

トイレが詰まったときにやってはいけないことをご紹介します。

水をむやみに流す

早く流したいがために、何度も水を流してしまいます。

しかし、便器の水位が上がるだけです。

水を流しても、肝心な詰りが解消されないことが多いのです。

便器の水位が下がるのを待ちましょう

水位が下がってから、つまりを直す方法を試していきましょう。

熱湯をかける

お湯を流すと詰りが取れるのは確かです。

ですが、60度以上の熱湯は流してはいけません

便器が割れてしまい、水漏れの原因となってしまいます。

お湯を流す場合も40~60度以下にしましょう。

落としてしまったものを流さない

うっかりおもちゃやペンを落としてしまった。

汚れたから、流しちゃえ

と、流してはいけません。

トイレのS字排水管で詰まってしまいます。

こうなると、便器自体を外す大がかりな工事に。

あとあと大きなお金がかかってしまうので要注意。

落としてしまったものは、すぐ拾いましょう。

トイレのつまりの直し方①「放置してみる」

トイレットペーパーの流しすぎで詰まった場合。

2~3時間放置してみましょう。

トイレットペーパーは水に溶けるので、数時間たつと流れることが多いです。

また、お掃除シートなどの水に流せるタイプのものが詰まった場合。

トイレットペーパーよりは時間がかかります。

半日から丸1日放置してみましょう。

また、ティッシュなどの水に溶けないものを流してしまった場合は、放置しても効果はありません

他の方法を試しましょう。

時間が待てない方は、これから紹介する早く直す方法を試してください。

トイレのつまりの直し方②「お湯で溶かす」

引用:http://www.wc-trouble.com

水に溶けるものが詰まった場合。

お湯」を使ってみましょう。

放置するだけよりも早く溶けます。

ただし、お湯で溶けないものが詰まっている場合は、効果がありません。

60度以上の熱湯は使用しないでください。

便器が割れる恐れがあります。

やり方

  1. ある程度水位が下がるのを待つ。
  2. バケツややかんに40~60度のお湯1~2Lを用意。
  3. 高い位置から排水口に向かってお湯を流す。
  4. 約1時間ほど放置。

水位が下がらない場合は、バケツなどで水をすくい出してください。

トイレのつまりの直し方③「食器用洗剤」

食器用洗剤を使用してつまりを取る方法です。

洗剤は、水よりも重いので沈みます。

詰りに絡みやすく、トイレットペーパーの繊維がほぐれやすくなるという原理です。

水に流せるものが詰まった場合のみ効果があります。

洗剤を100ml使用するで、もったいないと感じるかもしれません。

お湯と組み合わせると効果も高くなります。

このときも、40~60度のお湯を使用します。

やり方

  1. 水位が下がるのを待つ。
  2. 洗剤を100ml入れる。
  3. お湯1~2Lを入れて、約30分放置。
  4. 水位が下がってきたら、再びお湯を入れる。

排水溝のパイプ洗浄剤はあまり効果はありません

髪の毛を溶かすアルカリ性なので、紙には適しないとのことです。

トイレのつまりの直し方④「重曹とお酢」

洗剤はあまり使いたくないという場合。

重曹とお酢を使用すると、泡が吹き出し炭酸ガスがでます。

泡の力でつまりを溶かす原理です。

水に溶けるものが詰まった場合のみOKです。

やり方

  1. 重曹100g、お酢100mlを用意。
  2. 便器の水位が下がるのを待つ。
  3. 重曹とお酢を入れる。
  4. お湯1~2Lを入れる。
  5. 約30分放置する。

詰り以外にも、汚れや臭いまできれいにしてくれます。

トイレのつまりの直し方⑤「すっぽん(ラバーカップ)」

引用:http://tight-inc.co.jp

すっぽんと呼ばれているゴム製の「ラバーカップ

学校で見たことある方は多いのでは?

実は、和式用と洋式用があります。

購入する際は、「洋式タイプ」を購入してください。

こちらは、水に溶けないものを流した場合に使用できます。

詰りを押し込むのではなく、詰りを引っ張り出すものです。

一旦詰りを引き出して、つまりを解消します。

ラバーカップの使い方

  1. 便器の水位を下げる。
  2. 排水口にラバーカップを密閉させる。
  3. 持ち手を押し込んで戻すを繰り返す。
  4. ボコボコと詰りがとれる音がしたら完了。

便器の水位が高いと水圧で水が飛び散る可能性があります。

ゴミ袋に穴を開けて、カバーしましょう。

ラバーカップの使い方」は、こちらの動画をご覧ください。

トイレのつまり解消「業者の料金は?」

何を試しても直らない場合。

水に溶けないものを流した場合は、自力では難しいです。

そんなときは業者に頼みましょう。

業者はボったくられるのでは?

と心配な方も多いでしょう。

相場は8000円です。

私も実際に、ウェットティッシュを詰まらせて業者を呼んだことがあります。

そのときは約30分かかり、お会計は8000円。

 

使用していたのはアマゾンでも売っているこちらの真空ポンプ。

引用:https://www.amazon.co.jp

13000円で購入できます。

ちょっとびっくりしましたが、結果自分で機械を買うよりはお得だったのでよかったです。

業者の料金や選び方をご紹介します。

業者の料金は?

格安な業者でも最低5000円の価格表示。

大手の業者で交通費込みで8000円

このくらいは想定しておきましょう。

交通費がかかるところや、オプションを紹介してくるところ・・・

下手をすると高額な料金を請求される可能性も。

業者選びは慎重に行ってください。

無料見積りOKであること

まずは、電話で問い合わせます。

自宅に実際に来て無料見積りをしてくれるところを選びます。

料金が高いな?

怪しいな

と感じたら断ることができます。

金額に出張費が含まれているか?

業者は、作業費の他に出張費がかかります

格安業者にありがちな落とし穴です。

電話で見積もりをする際に確認をしてください。

オプションを提案される

私が業者を呼んだ際に実際にありました。

3000~5000円おきにオプションが追加できる仕組み。

「この方法で直らなかった場合、次は更に〇〇円かかります。

ですので、最初から〇〇万円のコースにしておくことをおすすめします。」

1回で直らないと追加料金高めのプランをおすすめされる

ということをされるのです。

しかも、よくわからない小難しい機械の名前を出されるので困惑します。

排水溝が破裂する恐れがあるなどと恐ろしいことも言われました。

一般的なつまりは、真空ポンプと呼ばれる50㎝くらいの機械で直ります。

他のオプションはつけなくてもいいでしょう。

相場8000円くらいというのを頭に置いておきましょう。

まとめ

トイレのつまりは意外と多いもの。

まずは、水に流せないものは流さないこと。

溶けるものは、案外自力で簡単に直すことができます。

以上の方法を参考に、焦らずにつまりを解消してみてください。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!