WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

東京みなと祭2018の日程は?体験乗船や駐車場情報も紹介

 

今年で70回目を迎える東京みなと祭

毎年5月に開催されており、2018年も無事開催されることが決定しました。

今回はその東京みなと祭の日程やアクセス、見どころについてご紹介します。

東京みなと祭2018の日程とアクセスは?

 

東京みなと祭様子

引用:第70回東京みなと祭

 

東京みなと祭とは、昭和16年5月20日に国際貿易港として開港した東京港の開港記念日を祝うイベントです。

毎年5月の20日前後の土日に開催され、海上保安庁や自衛隊による船舶の一般公開や冷凍コンテナ体験が楽しめるイベントとなっています。

 

 

船舶の一般公開についてはまだ今年の情報は公開されていませんが、昨年は6隻が参加し、今年も同じくらいの規模で開催されるとみられます。

冷凍コンテナ体験では、普段は体験できないマイナス20℃の世界を体験できますよ。

その他にも、船舶の体験乗船や東京港のビュースポットを巡るバスツアーなどもありますので後ほど詳しく説明します。

 

2018年は5月26日(土)、5月27日(日)に開催されることが決定しました。

詳細は以下にまとめておきました。

日時 2018年5月26日(土)、5月27日(日)
会場 晴海客船ターミナル及びその周辺
開催時間 10:00~17:00
入場料金 無料(一部、有料のアトラクションもあり)
住所 東京都中央区晴海5丁目7−1
電話番号 03-5379-1336(東京みなと祭 運営事務局)
アクセス http://www.tokyoport.or.jp/minato70/access.html
地図

 

イベントごとの詳しい開催情報についてはまだ不明な部分も多く、随時発表されていくと思いますので気になる方は公式サイトを時々チェックしてみてください。公式HPはこちら

 

 

東京みなと祭2018の見どころ

 

5月27日(日)には、東京消防庁による「水の消防ページェント」といわれる水上ショーが行われます。

毎年の恒例イベントのひとつで、船舶を用いた救助演技に加え、海上を舞う3機のヘリコプターと一体になった救助活動パフォーマンスが楽しめますよ。

開催場所は晴海客船ターミナル付近で、クライマックスの消防艇からのカラフルな5色の放水は見ものです。

 

東京みなと祭にはこれ以外にもたくさん見どころがあります。

まずは今年の情報が公開されているものからご紹介していきます。

体験乗船

 

レディクリスタル

引用:THE CRUISE CLUB TOKYO

 

普段、東京港で活躍している屋形船やレストラン船を無料で体験乗船できる企画です。

事前申し込みが必要ですが、今年は5つの体験コースから選べるようです。

各コースで体験乗船できる船と詳細についてまとめてみました。

 

1.視察船「新東京丸」

新東京丸

引用:東京都庁 

 

コース名 新東京丸ぐるっとクルーズ
日程 両日
出発時間 1便:10時00分
2便:13時00分
3便:14時45分
定員 各便60名
発着場所 竹芝小型船ターミナル発着
周遊時間:約75分

2.屋形船 「第十三中金丸」(26日)と「紫式部」(27日)

第十三中金丸

紫式部

引用:東京都庁 

 

コース名 屋形船体験クルーズ
日程 両日
出発時間 1便:10時10分
2便:12時10分
3便:14時10分
定員 各便50名
発着場所 竹芝小型船ターミナル発着
周遊時間:約60分

 

3.レストラン船「シンフォニークラシカ」

シンフォニークラシカ

引用:東京都庁 

 

コース名 シンフォニー体験乗船
日程 5月27日(日曜日)
出発時間 9時30分
定員 200名
発着場所 日の出桟橋発着
周遊時間:約50分

4.レストラン船「レディクリスタル」

レディクリスタル

引用:東京都庁 

 

コース名 レディクリスタル体験乗船
日程 5月27日(日曜日)
出発時間 10時30分
定員 150名
発着場所 天王洲アイル発着
周遊時間:約45分

 

5.レストラン船「ヴァンテアン」

ヴァンテアン

引用:東京都庁 

 

コース名 ヴァンテアン体験乗船
日程 5月26日(土曜日)
出発時間 12時00分
定員 120名
発着場所 竹芝桟橋発着
周遊時間:約120分

 

3のレストラン船「シンフォニークラシカ」は、4/5(木)に「ぐるぐるナインティナイン」に登場したようです。

とはいえ普段乗るには高額ですし、無料で乗船できるチャンスということで今年はさらに希望者が増えるかもしれません。

体験乗船にはそれぞれ定員がありますが応募多数の場合は抽選となりますので、まだ応募していない方でも間に合いますよ。

 

バスで巡る!東京港ビューポイントツアー

 

バスツアー様子

引用:一般社団法人東京都港湾振興協会

 

「東京港」のビューポイントをめぐる無料のバスツアーも開催され、昨年はレインボーブリッジやその他の東京港の穴場スポットからの眺めが楽しめました。

今年も1~2ヵ所のビューポイントを回り降車できるとともに、車窓からの港の景色も楽しめるようです。

 

詳細は以下にまとめておきました。

コース名 バスで巡る!東京港ビューポイントツアー
日程 両日
出発時間 1便:10時00分 2便:13時30分
定員 各回40名
発着場所 東京みなと祭晴海会場発着
周遊時間:約120分

 

発着は晴海会場ですので、バスツアーの前後も気軽にお祭りを楽しめるのがいいですね。
「体験乗船」と「バスツアー」についてはすでに参加者の募集が開始されています。

申し込みはweb上で簡単にでき、4月27日(金)17時〆切です。応募はこちら

以降の情報については今年の詳細はまだ公開されていないので、昨年の情報を元にご紹介していきます。

 

ポートステージ

 

康孝 小川さん(@yasutakaogawa)がシェアした投稿

東京みなと祭では、ポートステージといわれるステージショーを楽しむことができます。

昨年はキャラクターショーや東京税関音楽隊による演奏、その他ダンスや太鼓のパフォーマンスが披露されました。

ステージショーは1日中行われているので、屋台の軽食を食べながらステージショーを鑑賞するだけでも十分に楽しめそうです。

 

各種販売ブース

 

福笑いさん(@umekoeco)がシェアした投稿

みて!ふれて!東京港は、レストラン船の船社や海上保安庁などの東京港の関連団体によるPRコーナーです。関連グッズの販売もあります。

 

東京港に関係のある地元団体等によるポートバザールでは、物品や飲食物、雑貨が購入でき、その他フリマもあるのでお買い物も十分に楽しめそうです。

 

屋台やキッチンカーも出店しており、定番のフランクフルトなども買い食いできますので遊び疲れた小腹をみたしてくれますよ。

混雑情報と対策

ポートバザール様子

引用:一般社団法人東京都港湾振興協会

 

東京みなと祭では、昨年はなんと10万人の来訪者を迎えました。

今年も混雑が予想されますので早めの時間に来場するのもいいかもしれません。

 

駐車場は?

毎年、1回1,000円の有料駐車場が臨時で用意されていましたが、今年は公式ページにて「駐車場はございません」との注記がありました。

もしかすると今年も臨時駐車場が用意されるかもしれませんが、いずれにせよ駐車場は例年混雑するようですので公共交通機関のご利用をオススメします。

 

昨年は下記のとおり、田町~晴海ふ頭、豊洲~晴海ふ頭でシャトルバスが無料運行されましたので、こちらも利用できそうです。

東京みなと祭シャトルバス

引用:第70回東京みなと祭

 

また、遠方から車で来られる方は、臨時駐車場がない、混雑していたというときのためにも周辺のコインパーキングの情報を把握しておくことをオススメします。

 

●晴海客船ターミナル駐車場

会場である晴海客船ターミナルから最も近い場所にあるコインパーキングです。

詳細は以下にまとめておきました。

住所 東京都中央区晴海5丁目7
収容台数 70台
営業時間 夜間留置き可
入庫可能時間(07:30~22:00)
出庫可能時間(07:30~23:00)
料金 全日 00:00~24:00 最初30分まで 2時間 400円 当日最大1,000円(0時切替)
地図

 

●タイムズ晴海4丁目

晴海客船ターミナルまで徒歩で15分ほどの距離にもコインパーキングがあります。

収容台数が38台ですので、晴海客船ターミナル駐車場が満車だった場合でもこちらなら空いているかもしれません。

詳細は以下にまとめておきました。

住所 東京都中央区晴海4-1
収容台数 38台
営業時間 24時間営業
料金 ■通常料金
全日 08:00〜22:00 30分¥400 22:00〜08:00 60分¥100
■最大料金
全日 駐車後24時間 最大料金¥2400
地図

 

●タイムズ晴海4丁目第2

先ほどご紹介した「タイムズ晴海4丁目」の真横にはもうひとつコインパーキングがあります。収容台数が25台と先ほどより少ないです。

詳細は以下にまとめておきました。

住所 東京都中央区晴海4-1
収容台数 25台
営業時間 24時間営業
料金 ■通常料金
全日 08:00〜22:00 30分¥400 22:00〜08:00 60分¥100
■最大料金
全日 駐車後24時間 最大料金¥2400
地図

 最後に

東京みなと祭には、船や港のよさを伝えるべく工夫がたくさん散りばめられています。

5月というと暑すぎず海風も気持ちよさそうですね。

行ったことがない方も今年はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?