WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

広島とうかさん大祭2018の日程は?場所や交通規制情報も紹介

広島三大祭の1つである「とうかさん大祭」
日本で1番早く浴衣を着て参加するお祭りだと言われています。

見どころ満載のとうかさん大祭2018の日程や時間、場所を紹介していきます。


広島とうかさん大祭2018の日程や時間は?

稲荷大明神引用:http://www.a-ibs.com

とうかさん大祭は、広島市中区にある圓隆寺の「稲荷大明神」の祭礼です。

「とうかさん」とはその圓隆寺のことを表しています。
稲荷のことを「いなり」とは言わず、「とうか」と読んだことが語源になっています。

「浴衣の着始め祭り」という別名も持っており、広島に夏の到来を知らせるお祭りとしても有名です。

期間中の3日間では隆寺境内に訪れる参拝者が約8万人にのぼります。
また圓隆寺を中心とした中央通り一帯には、約45万人もの人が訪れ賑わいをみせるのです。

日程・時間

とうかさん大祭2018の日程について紹介します。
毎年6月の第1金曜日〜日曜日に開催されます。

日程 2018年6月1日(金)、2日(土)、3日(日)
時間 12:00〜23:00
6月3日のみ12:00〜22:00
料金 無料
場所 圓隆寺
問い合わせ とうかさん祭禮委員会
082-241-7420

※とうかさん大祭は、雨天でも中止にはなりません。

スケジュール

3日間のスケジュールはこのようになっています。

2018年6月1日 御開帳法要
産業発展祈願祭
6月2日 炊き上げ法要
6月3日 御閉帳法要
6月1日〜3日 とうかさん大祭特別祈祷

とうかさん大祭の期間のみ、稲荷大明神の御神体が御開帳されます。

とうかさん大祭2018の見どころ

圓隆寺は、2018年で開闢400年を迎えます。
とうかさん大祭は、2019年で400年記念を迎えます。

400年記念の前年度である、とうかさん大祭2018の見どころを紹介します。

夜に見る約500個もの赤い提灯

とうかさん引用:Instagram

圓隆寺境内には、約500個にもなる赤い提灯が飾られています

昼間に見てももちろん綺麗なのですが、夜の暗闇に浮かぶ提灯は幻想的な雰囲気があります。
ぜひ昼間との違いを体験してみてほしいですね。

破魔うちわ

破魔うちわ引用:https://ameblo.jp

初穂料の300円を奉納するともらえるのが、手のひらサイズの破魔うちわです。
全部で5色あり、どの色が当たるかはお楽しみです。

とうかさん圓隆寺の破魔うちわは、日本初の元祖破魔うちわだと言われています。
幸福、長寿、健康、安全のお守りになるのです。

この破魔うちわはとうかさん大祭でしか扱っていないものなので、欲しい人は奉納して手に入れましょう。

お化け屋敷

お化け屋敷引用:https://blogs.yahoo.co.jp

とうかさん大祭では、掘っ立て小屋をお化け屋敷にしたものがあります。

料金は1人500円と安いので、度胸試しに入ってみてはいかがでしょうか。
お子さんも入っていることがあるので、そこまで怖くはないと思いますよ。

1000軒も並ぶ屋台

屋台引用:https://blogs.yahoo.co.jp

とうかさん大祭では、約1000軒にもなる屋台が出ています。
屋台を出している時間は、歩行者天国の時間帯に合わせられています。

そのため2018年の場合は、6月1日、2日は12:00〜23:00まで、3日は22:00までとなります。
最終日は22:00前に終わってしまう屋台もあるので、早めに行動しましょう。

お祭り感を楽しむのなら、中央通り以外のまわりの細い道路にある屋台のほうが雰囲気があります。

屋台引用:https://blogs.yahoo.co.jp

また中央通りは屋台以外に普通のお店も開店しています。
いろいろ楽しめますよ。

とうかさん大祭は別名「浴衣の着始め祭り」

浴衣
とうかさん大祭は、「浴衣の着始め祭り」とも呼ばれます。
これは日本で1番早く浴衣を着て出かける行事だと言われていることが、由来のようです。

そんなとうかさん大祭期間中は、浴衣を着ていると様々な割引やサービスをしてくれる飲食店が多くあります。
先取りで夏気分を味わえますし、お得なことも多いのでおすすめです。

呉服店などでのレンタルや着付けのサービスも充実しているので、浴衣を持っていなくても着ることができます。
まだ夏前の6月なので、浴衣を着ていてもあまり暑く感じないそうですよ。

浴衣でも過ごしやすいですし、2018年のとうかさん大祭は浴衣で満喫してみてください。

浴衣夕方から日没になると、洋服の人よりも浴衣の人が多くなるくらい浴衣での参加が普通になっています。
最近は男性も着ている人が多いので、今まで着たことがない人は挑戦してみてはいかがでしょうか。



とうかさんに浴衣で参加した特典や着方はこちらから。

とうかさん大祭2018の場所や駐車場は?

圓隆寺引用:https://ameblo.jp

とうかさん大祭が行われる場所は、広島市の繁華街にある圓隆寺です。

圓隆寺の建立は元和5年までさかのぼります。
当時広島藩主であった浅野長晟氏から1600坪にも及ぶ土地の寄進を受けたのです。
そしてその土地に圓隆寺を建立しました。

現在では商売繁盛から無病息災など、ご利益をもたらせてくれる神様として人々に親しまれております。

場所とアクセス方法

とうかさん大祭が行われる場所とアクセス方法を紹介します。

場所 圓隆寺
市内中央通り
住所 〒730-0029
広島県広島市中区三川町8-12
アクセス方法【電車】 JR「広島駅」より徒歩20分
広島電鉄「八丁堀電停」より徒歩5分
アクセス方法【車】 山陽道広島ICより国道54号を7km
地図

交通規制中も利用できる駐車場2選

会場には駐車場がありません

車でお越しの場合は、周辺駐車場を利用する必要があります。

圓隆寺の周辺にはたくさんの駐車場がありますが、当日の会場周辺は雨天時以外、交通規制が敷かれています。
車でお越しの場合は、事前に交通規制状態を確認しておきましょう。

交通規制に関してはこちらから確認してみてください。



交通規制中でも利用できるおすすめ駐車場2選はこちらです。

グランドパーキング21

住所 広島県広島市中区立町4−8
収容台数 300台
料金 8:00〜0:00は120円/20分
0:00〜8:00は100円/60分
営業時間 24時間
電話 082-545-3636
地図

紙屋町パーク95

住所 広島県広島市中区紙屋町1−6−3
収容台数 95台
料金 30分200円
最大料金1000円※前金制
営業時間 8:00〜22:00
電話 082-242-0095
地図

同時開催「ゆかたでんきん祭」

ゆかたできん祭引用:https://blogs.yahoo.co.jp

とうかさん大祭に合わせて、広島市内では「ゆかたできん祭」という大イベントも開催しています。
「ゆかたできんさい」とは、広島弁で「ゆかたでおいで」という意味だといいます。

ゆかたできん祭の場所

会場となる場所はこちらです。

  • 市内中心部一帯
  • 中央通り
  • シャレオ中央通り
  • 本通
  • 並木通り
  • 袋町公園
  • 東新天地公共広場

日程や時間、イベント内容は?

ゆかたで踊りん祭引用:http://www.a-ibs.com

ゆかたできん祭の日程と時間は、とうかさん大祭と全く同じです。

日程 2018年6月1日(金)、2日(土)、3日(日)
時間 12:00〜23:00
3日は22:00まで


ゆかたできん祭では毎年、このようなイベントが行われています。
2017年のものを紹介します。

  • 浴衣のPRの新作浴衣のファッションショー
  • 買ってすぐに着ることができる浴衣市場
  • 着崩れを直してくれる直しんさい
  • 浴衣でよさこいなどを踊る踊りんさい(中央通りの特設エリア)
  • 和菓子作り教室やお茶席などの体験コーナー

他にも体験コーナーなどもあるので、楽しめるイベントが盛りだくさんです。



詳しいゆかたできん祭の情報はこちらから。

とうかさん大祭&ゆかたできん祭の交通規制

こちらは2017年の交通規制状況です。
毎年同じように敷かれているので、2018年も同様になるのではないかと思います。
交通規制クリックすると地図を拡大できます

【歩行者用道路規制】
黄色:6月1日、2日19:00〜22:00
ピンク:6月1日〜3日19:00〜22:00
オレンジ:本通などの歩行者専用道路、毎日10:00〜翌4:00

【車両通行禁止】
緑:6月1日〜3日10:00〜翌5:00

※ゆかたできん祭は雨天時は中止になることがあります。
その場合は「歩行者用道路規制」は敷かれません。

とうかさん大祭2018は浴衣で満喫

いかがでしたか。

「浴衣の着始め祭り」の別名を持つ「とうかさん大祭」は、浴衣で参加するのがおすすめです。
割引などお得なこともありますし、夏と違って暑すぎないので過ごしやすいです。

ぜひ、とうかさん大祭で早めの夏気分を体感してみてください。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?