WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

鶴岡天神祭2018の日程やスケジュールは?駐車場、交通規制、見どころ、歴史について解説!

山形県鶴岡市で、毎年5月25日に行われる鶴岡天神祭。

犬山祭り、酒田祭りに並ぶ庄内三大祭りの1つに選ばれているお祭りです。

老若男女限らず化けもの姿で行うパレードは有名です。

そのため別名『化けもの祭り』とも呼ばれているんだとか。

今記事では2018年の鶴岡天神祭の魅力や各イベントの日程、アクセス、交通規制、駐車場、見どころ、歴史など徹底解説していきます。

鶴岡天神祭2018年の日程

2018年5月25日(金)に本祭が開催されます。

前後の24日(木)、26日(土)にも様々なイベントや出店もあります。

鶴岡天神祭りの日程やアクセス方法、スケジュールについてまとめました。

名称 鶴岡天神祭

(ツルオカテンジンマツリ)

開催日 平成30年5月24日(木)~26日(土)

※パレードは25日14時~

開催場所 鶴岡天満宮、鶴岡公園、目抜き通り
 住所  山形県鶴岡市神明町3-40
 お問合せ先  0235-25-2111(鶴岡市観光物産課)
地図  


5月25日(金)本祭の日程

25日の日程についてまとめました。

2018年のスケジュールはまだ確定しておりません。

イベント名 時間 場所
銘酒コーナー 10:00~16:00 鶴岡市内各所
天狗舞・獅子舞奉納 11:00、13:00、15:00、17:00 鶴岡天満宮境内
タブの木にぎわい広場 11:00頃~ 商工会議所付近
吹奏楽ジョイフルコンサート 12:00~ マリカ広場[JR鶴岡駅前]

鶴岡天神祭パレード

鶴岡天神祭
引用:http://f-pedia.r-cms.biz/

鶴岡天神祭りで最も有名なのは化けものになって歩くパレード。

別名『化けもの祭り』とも言われています。

鶴岡天神祭りは藤原道真公を祀っているお祭りで、老若男女関係なく派手な花模様の長襦袢に角帯、手ぬぐいと編み笠で顔を隠し、化けものの姿になり練り歩き無言で酒を振る舞います。

車や運転される方やお子様にも楽しんで頂きたいとジュースも振る舞われるのでご安心くださいね。

ただ、無言でって少し怖くないですか?

実は、これには素敵な理由が・・・

『化けものになった姿で3年間誰にも知られずお参りが出来ると願いが叶う』

3年連続で是非参加してみてはいかがでしょうか?

なんと総勢約2500人が化け物になり2つのパレードが市内を練り歩きます。

パレードの進行ルート

2つのパレードの進行ルートをまとめました。

①天神はんくねり
鶴岡市中央児童館(旧朝二小)出発→鶴岡公園疎林広場終点
②にぎわい天神パレード
日吉町交差点出発→鶴岡公園疎林広場終点

二つのパレードが銀座通り交差点で合流し鶴岡公園のお祭り広場を目指します。

パレ―ドのルートはこちらの地図でも確認しておきましょう。

鶴岡天神祭りマップ
引用:https://www.tsuruokakanko.com/

パレードは14時に出発し最後のお祭り広場には15時30分に到着予定です。

また通るルートは大通りなので事前にマップで場所を確認して取っておくとゆっくり見る事ができますよ。

見どころ

①化けものになれる

参加型のお祭りで化けものの姿になり、お酒などをあなたも振る舞う事ができるのです。

さらに、事前に予約しておけば化けものの衣装を無料で借りる事ができます

化けものとしての参加人数は毎年700人以上でとても人気があります。

3年誰にも知られずにお参りをして是非願いを叶えて頂きたいです。

しかし、ギリギリの申し込みですと貸出が終わってしまう場合もありますので、できるだけ早めにお申込みください。

化けもの衣装の貸し出し方法

受付開始 2018年4月29日(木)
貸出日時 2018年5月10日(木)~5月18日(金)

9時~17時(土日は休み)

貸出衣装 襦袢、編み笠、角帯、腰紐、手ぬぐい2本
引き渡し場所 鶴岡市役所4階403会議室

(〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町9−25)

申し込み方法 0235-25-2111(鶴岡市役所観光物産課)

※注意点

●申し込みは先着順となっており衣装の在庫がなくなり次第終了です。

●股引き、足袋、草履をご用意ください。もしくはズボン、運動靴などでも大丈夫です。

●遠方から起こしの気付けを希望される方は、当日鶴岡市役所別棟(車庫等2階)まで11時~14時の間にお越しください。

 ②化けものになると特典まで貰える

貰える特典についてまとめました。

①参加記念品
天神祭特製木札をお渡し。(化けもの衣装貸出時)
②バス無料乗車
化けもの姿の方は、25日庄内交通定期バスに無料乗車できる。(旧鶴岡市内のみ)
③スタンプラリーで天神祭特製グッズプレゼント
銘酒コーナー4箇所以上のスタンプを集めた化けもの参加者の方に、天神祭特製グッズプレゼント(先着300名)

パレードに伴う交通規制

交通規制
引用:http://blog.livedoor.jp/

鶴岡天神祭り期間中は会場周辺で交通規制になる道がたくさんあります。

2018年の交通規制情報はまだ出てませんでしたが、毎年類似する場所が交通規制になるので2017年の交通規制図を貼っておきます。

2017年交通規制図

規制日時は5月24日(木)9時~26日(金)22時まで終日車両通行止めとなります。

その他にも、パレード巡行中はパレードコースや一部道路が車両通行止めとなります。

2018年の交通規制の情報が分かり次第貼り替えさせて頂きます。

アクセス

鶴岡天神祭りに訪れるには2つのアクセス方法があります。

●バス

●車

の2つです。

バスの方は鶴岡駅から会場近くまででてますのでまとめました。

また、車の方は駐車場情報をまとめました。

 

 公共の公共機関でのアクセス

鶴岡駅から鶴岡天満宮まではバス+徒歩で約23分です。

鶴岡駅から鶴岡天満宮までのアクセス
所要時間 約23分
ルート詳細 鶴岡駅

『湯野浜温泉方面行き』のバスに乗車

(約12分)

『鶴岡市役所前』で下車

鶴岡天満宮まで徒歩

(約11分)

バスで行った場合も「鶴岡市役所前」からまっすぐなので迷わずいけそうですね。

 

 車でのアクセス

車で行く場合は、鶴岡天満宮に近い駐車場に停めておくのがおすすめですよ。

無料の駐車場もありますが、満車の場合も予想していくつか有料駐車場も探しておくといいでしょう。

無料駐車場、会場近くの有料駐車場をまとめました。

駐車場鶴岡天神祭りは毎年多くの観光客が訪れる為、車で向かう場合は駐車場が混雑します。

そのため、事前に駐車場を確認し早めに現地に向かっておくとスムーズに駐車を確保できるはずです。

鶴岡公園駐車場が無料駐車場でありますが、満車の際はコインパーキング等をご利用くださいね。

高速 山形自動車道鶴岡ICから国道7号線経由 約10分

 

無料駐車場

鶴岡公園駐車場が、4カ所無料駐車場になっています。

住所、収容台数、営業時間、地図について紹介していきます。

鶴岡公園南駐車場
住所 山形県鶴岡市本町3-6-2
収容台数 約40台
営業時間 8時30分~22時
地図

 

鶴岡公園中央駐車場
住所 山形県鶴岡市馬場町13-1
収容台数 約58台
営業時間 8時30分~22時
地図

 

鶴岡公園西駐車場
住所 山形県鶴岡市馬場町13-1
収容台数 約54台
営業時間 8時30分~22時
地図

 

鶴岡公園東駐車場
住所 山形県鶴岡市馬場町2
収容台数 約131台
営業時間 8時30分~22時
地図

 

有料駐車場

無料駐車場は、混雑が予想されます。

鶴岡天神祭会場近くの有料駐車場をまとめました。

住所、料金、収容台数、入庫可能時間、地図について紹介していきます。

銀座パーキング
 住所  山形県鶴岡市本町1-6-5
 料金  1時間200円
 収容台数  35台
 入庫可能時間  24時間
 地図  

 

銀座第2パーキング
住所 山形県鶴岡市本町1-8-44
料金 1時間200円
収容台数 39台
入庫可能時間 24時間
地図

※駐車料金は変更となつている可能性もございますので、ご利用の際は必ず現地の看板で最新の状況をご確認下さい。

鶴岡天神祭の歴史・由来

鶴岡天神祭にはどのような歴史があるのでしょうか?

愛され続けている鶴岡天神祭の由来となった菅原道真公との繋がりも紹介します。

歴史

菅原道真公
引用:https://ameblo.jp/

鶴岡天神祭は学問の神様として知られる菅原道真公を祀る鶴岡天満宮で毎年5月に行われます。

お祭りは江戸時代から始まったと言われていて、明治時代に布で顔を隠して酒を振る舞うという現在のパレードのスタイルになったのです。

 

由来

菅原道真が九州大宰府へ左遷されてしまった時の出来事。

道真は当時から様々な善政を行っており宇多天皇や住民達から大変慕われていました。

897年、宇多天皇が醍醐天皇に変わった後も道真公は出世をし右大臣の位まで上り詰めました。

しかし、そのその出世をよく思っていなかった藤原時平が「道真が、醍醐天皇を引退させ自分の娘を嫁がせた斉世親王を天皇にしようとしている」という嘘の噂を広めた事で、道真公は官位を下げられ大宰府に左遷されてしまったのです。

そこで、道真公を慕う人々が別れを惜しんで、編み笠で顔を隠しながらお酒を飲み交わした事が由来だと言われています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

江戸時代からの歴史もあり愛され続けている鶴岡天神祭。

化けもの姿で行うパレードは見るだけでも十分楽しめますが今年は是非化けもの姿で参加し3年続けて願いを叶えてみてはいかがでしょうか?

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!