WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

若草山山焼き2018の日程や時間は?おすすめ撮影スポットを紹介!

若草山山焼き」とは、奈良県のシンボルである若草山の冬の一大イベントです。
伝統的な行事で、毎年1月の第4土曜日に行われます。


山焼きの壮大な光景は毎年人気の撮影スポットになり非常にお勧めの行事ですね。

2018年の1月に若草山の山焼きに行く場合はあなたにも素晴らしい写真が撮れるかもしれません。
この記事では、2018年の詳しい日程山焼きが行われる時間を紹介し、更に撮影スポットも画像付きで解説します。





若草山の山焼きって?

若草山の山焼きは毎年15万人以上の人が見物する行事です。
奈良県の奈良公園東にある若草山で、山の斜面に生えた芝に一斉に火をつけます。


文献上は1255年(建長7年)から行われている大変歴史的な行事なのです。

2018年の山焼きの日程は?

冒頭で解説したとおり、若草山の山焼きは毎年1月の第4土曜日に行われます。

2018年の場合は1月27日(土)が開催日です。
詳細は下記にまとめておきました。

開催日 2018年1月27日(土)
開催時間 春日の大どんど 13:00~18:00
御神火奉戴祭等 16:45〜
聖火行列出発 17:05〜
水谷神社松明点火 17:15〜
野上神社祭典 17:45〜
花火 18:15〜
山焼き 18:30〜
開催場所 奈良公園内 若草山一帯
アクセス 電車の場合
奈良交通バス市内循環外回り「大仏春日大社前」徒歩約15分

車の場合
京奈和自動車道「木津」ICより車で約3分
地図




若草山山焼きをキレイに撮ろう!お勧め撮影スポット3選

平城宮 朱雀門付近

若草山の山焼きについて調べて最もよく見る写真がこの撮影スポットから撮ったものでは無いでしょうか?
右端に平城宮朱雀門があり、左奥に若草山が燃え、花火が上がっている写真です。


この写真を撮るには、朱雀門のある平城京跡付近がお勧めです。


若草山山焼き 撮影スポット
地図上のAからは朱雀門を少し遠くから撮影できます。
地図上のBでは、朱雀門の近くから写真を撮影できます。
燃え盛る若草山の炎の猛々しさと朱雀門によって、ダイナミックな写真になります。

朱雀門付近から撮った山焼きの写真

引用:japan365.wordpress.com

地図上のA、Bの近くには駐車場があり、当日の20:00頃まで開放しているそうです。

奈良公園 春日野園地付近

奈良公園にある春日野園地では、若草山の非常に近くから撮影をすることができます。
上で紹介した朱雀門のような高い建造物を入れることは難しいですが、燃える若草山の迫力を感じられる撮影スポットです。


若草山山焼き 撮影スポット

春日野園地は日中も景色がよく、休憩したりお弁当を食べたりするには最適な撮影スポットです。
山焼きの時期は1月なので寒いですが、周りには東大寺などの観光地がたくさんありますから日中は観光をするのもお勧めです。

春日野園地付近から撮った山焼きの写真
山焼き 春日野園地付近
引用:kaneji-seicha.life.coocan.jp


西の京 大池付近

西の京の大池付近では、薬師寺の金堂や東塔、西塔の奥に燃える若草山を見ることができます。

少し若草山から遠いですが、歴史的な世界遺産と共に見る若草山は風情がありますね。


若草山山焼き 撮影スポット


日中から行く場合は、観光地として人気な薬師寺も寄ることができる距離にあります。
位置によっては若草山の山焼きの光が大池に反射し、幻想的な写真を撮ることもできますよ。

大池付近から撮った山焼きの写真
山焼き 春日野園地付近
引用:takakuwas.exblog.jp






若草山を焼く理由

どれが本当かはわかりませんが、若草山を焼く理由としては諸説あるようです。

  • 町おこしのため
  • 焼畑農業に例を見る土壌改善のため
  • 東大寺と興福寺による境界争いを鎮めるため
  • 山頂の鶯塚古墳の霊魂を鎮めるため
  • 若草山を焼かないと妖怪・牛鬼が出るとされているため

これらの理由が一般的に言い伝えられています。

自然への影響

若草山 鹿
通常、若草山には鹿などの野生生物が多くいます。
若草山の山焼きが行われると「鹿はどうなるの?」という疑問を持つ方が多いですが、実際は敷地内の危険な部分には柵を設けて鹿を隔離するそうです。

そうでなくても、野生の生き物は火や人を恐れて逃げるのであまり心配は無いそうです。

ちなみに…

山焼きについて調べると出て来る写真の数々には、花火と山焼きが同時に写っています。
とてもキレイで「自分もこんな光景を見たい!」とお思いの方も多いでしょう。


しかし、実際は花火と山焼きが同時に見られるわけでは無く、開始時間がそれぞれ違います。
(花火 18:15〜山焼き 18:30〜)
若草山 花火

花火と山焼きが同時に写っている写真を撮るには、カメラの機能で長時間露光したり、写真を合成したりする必要があります。
見るだけで無く、こういった写真を撮りたい場合はカメラの準備をしていくと良いですね。


また、同時に見ることができなくても花火と山焼きはそれぞれ凄い迫力があり、見ごたえのあるものなのでぜひ1度生で見てみることをお勧めします。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!