WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

洗濯機のカビの取り方と原因まとめ。カビキラーは使えるの?臭いの取り方も紹介

しっかり干しても洗濯物が匂う・・・

もしかして、洗濯機にカビが生えているかもしれません。

新品の洗濯機でも3カ月経つとカビが生えると言われています。

洗濯機のカビは簡単に除去できます。

カビの原因・取り方をご紹介します。

カビが生えた時の症状3つ

見えないカビは意外と多いです。

気付かないうちに、カビまみれの服を着ている可能性もあります。

カビが生えた時の症状を3つご紹介します。

洗濯物が臭い

洗濯物から生臭いにおいがします。

雑巾のようなにおいがすることもあります。

乾いたときはあまり感じなくても、汗をかいた時に臭ってくる場合があります。

洗濯機が匂う

洗濯機から生臭く、雑巾の臭いがした場合もカビが生えている可能性があります。

また、下水臭い場合もあります。

洗濯機の表面はカビにくいです。

洗濯機の構造上、洗濯槽の裏や小さな穴にはカビが生えやすいです。

洗濯物に茶色のカビが付く

洗濯物に、見覚えがない茶色のゴミがついていたことはありませんか?

長期間使っていなかった乾燥機能を使用した際に見ることが多いです。

洗濯槽の裏にこびり付いていたカビが乾燥され、衣類にくっつきます。

洗濯物についてしまうと、取るのが厄介です。

早急に、洗濯槽の掃除が必要です。

カビが生える原因は?

洗濯物に移ったカビは、アレルギー性鼻炎、アトピー、喘息を悪化させる恐れがあります。

特に抵抗力が弱い赤ちゃんやお年寄りがいる場合は気を付けてください。

ステンレスはカビにくく、カビが落としやすいと言われています。

しかし、洗濯機の裏側にカビがごっそり付いていることも多いです。

洗濯機にカビが生える原因をご案内します。

洗濯槽の掃除をしたことがない

引用:http://optimallife.jp

今までに洗濯機の掃除をしたことがない方は多いのではないですか?

洗濯機は洗剤を使っているから汚れないと思っている方も多いです。

表面にはカビは見えていなくても、洗濯槽の裏にはカビがびっしり。

洗濯機は新品または掃除をしたあとも約3カ月でカビが生えると言われています。

購入後一度も掃除をしていない方は、カビが生えていると思って間違いないです。

洗濯物の汚れがひどい


引用:http://the360.life

ドロ汚れがひどい衣類、食べかすが付いた衣類をそのまま洗濯していませんか?

汚れがひどい衣類は、洗濯機に汚れが残ってしまいます。

カビは、食べかすや皮脂、ホコリを餌にして繁殖します。

洗濯物にも雑菌やカビが付き、肌荒れやアレルギーを引き起こす恐れもあります。

ひどい汚れは、一度手洗いをしてから洗濯しましょう。

洗濯物をすぐ干していない

濡れた洗濯物の放置は洗濯機にカビを生やす原因です。

洗濯物を忘れて出かけてしまった・・・

という経験は誰でも一度はありますよね。

特に夏場は数時間放置していいるだけで洗濯物が臭くなります。

洗濯物が臭くなった分、洗濯機も臭くなっています。

密閉空間での湿った洗濯物の放置は、カビの繁殖に最適な環境です。

洗濯物は、仕上がったらすぐに干しましょう。

洗濯機の中でため込んでいる

引用:http://purity798.blog13.fc2.com

汚れた衣類を洗濯機にため込むこともカビを繁殖させます。

汗で濡れた服、濡れたタオルを洗濯機の中で数日放置しただけでもカビが生えます

一人暮らしや洗濯物が少ない場合は、そのまま1週間放置することもあるでしょう。

洗濯物は洗濯かごに一度溜めることをおすすめします。

洗剤・柔軟剤を入れすぎている

洗剤・柔軟剤は水位に合わせて使用量が決まっています。

多くの人が使用量よりも多く洗剤を使用しています。

規定量以上の洗剤は、上手く水に溶けず洗濯機に残ってしまいます

ドロドロとしたカビになります。

メーカーの規定量を守って使用しましょう。

洗濯機のカビの取り方3選

洗濯機のカビの取り方は簡単です。

お風呂場のカビなどと違って、ゴシゴシと手でカビを取ることはできません。

洗濯機のカビは、薬品を入れて放置するだけで取れます。

洗濯機のカビの取り方をご紹介します。

ドラム式も使える「塩素系クリーナー」

引用:https://take-log.com

【良い点】

  • 見えないカビまで分解
  • 最も強い殺菌効果
  • 消臭効果
  • カビ取りが簡単

【悪い点】

  • 取り扱いに注意
  • 臭いがきつい

塩素系漂白剤。

カビ取り用の薬品の中で最も強い殺菌効果がある薬品です。

混ぜるな危険」という表記があり、酸性のものと混ぜると有毒ガスが発生します。

取り扱いには十分に注意しましょう。

カビ取り用薬品の中でも、掃除が一番簡単です。

見えないカビまで分解してくれるので、薬品を洗濯機に入れるだけですOKです。

自分で浮いたカビを取り除くことをしなくてもいいのです。

カビが見える「酸素系クリーナー」

引用:https://take-log.com

【良い点】

  • 泡でカビをはがし取る
  • 消臭効果
  • 衣類へのダメージが少ない
  • 薬品の臭いが少ない

【悪い点】

  • 殺菌効果は塩素系>酸素系
  • ドラム式・二層式では使えないこともある

 

酸素系漂白剤(過酸化ナトリウム)。

過酸化ナトリウムという成分が原料です。

強い発泡力があり、泡でこびりついたカビを落とします

衣類へのダメージが少なく、薬品の臭いもきつくありません。

しかし、殺菌効果は塩素系クリーナーに劣ります。

引用:http://atopinaosu.com/category13/sannsokei.html

ピロピロわかめ」で有名な黒く浮き出たカビは、酸素系クリーナーを使用しています。

カビがどれくらい取れたかが、わかりやすいことでも人気があります。

一方で、浮き出たカビを自分で取り除かなければならないという手間がかかります。

洗濯中にふたが開けられないドラム式二層式では使用できないこともあります。

使用前に洗濯機の取り扱い説明書を確認してみてください。

安心・安全な「重曹」

引用:https://oceans-nadia.com

【良い点】

  • 皮脂汚れなどの酸性のカビに強い
  • 消臭効果
  • 安心・安全
  • 価格が安い

【悪い点】

  • 洗浄力が弱い
  • ドラム式・二層式では使えないこともある

皮脂汚れなどの酸性のカビを取り除きます。

消臭効果もあります。

重曹は食品に使用されているほどなので、体にとって安心・安全な成分です。

しかし、塩素系や酵素系のクリーナーよりも殺菌効果は弱いです。

また、酵素系と同じくカビが浮き出てくるので、ドラム式・二層式は注意が必要です。

カビキラーは効く?

引用:https://www.kabikiller.jp

カビを取る薬品と言えば「カビキラー」

洗濯槽カビキラーという塩素系の製品があります。

約300円で購入できます。

カビ胞子の除去率は99,9%という研究がなされています。

殺菌力は高く、消臭までしてくれます。

カビキラーを洗濯機に入れてそのまま回すだけでOK

私も使用したことがありますが、とても簡単です。

カビを見ることができないので「本当にとれたのかな?」と感じます。

ですが、臭いも全くしなくなりました。

全自動洗濯機・ドラム式洗濯機にも使用できます。

洗濯機のカビ取りのおすすめ方法は?

洗濯機のカビを取る方法をご紹介します。

2種類の方法があります。

  • カビを見るのが嫌
  • 簡単に掃除をしたい

という場合は塩素系クリーナーを使用することをおすすめします。

塩素系クリーナー

最も簡単でカビ除去力の高い方法です。

私がいろいろ試した中では、一番楽にカビを落とせる方法です。

浮き出たカビを分解してくれるので、カビをすくう手間が不要です。

一般的な全自動洗濯機からドラム式洗濯機まで使用することができます。

使用前に、商品の説明をよく読んで使用してください。

用意するもの

  • 塩素系クリーナー

使い方

  1. ごみ取りネットの中のごみを取り除く
  2. 洗濯機の水位を一番高く設定する
  3. 塩素系クリーナーを投入
  4. 約3時間つけおき
  5. 洗濯を再開し終了

酸素系クリーナー・重曹

浮き出たカビを見たい方におすすめです。

途中でカビを取り除く手間があります。

ドラム式洗濯機では使用できない場合があります。

洗濯途中で蓋が開けられる機種のみ使用可能です。

薬品の臭いが気になる方や、安全に掃除をしたい方におすすめします。

用意するもの

  • 酸素系クリーナーまたは重曹(約200g)
  • カビ取り用のネット

使い方

  1. ごみ取りネットの中のごみを取り除く
  2. 洗濯機の水位を一番高く設定する(ドラム式は蓋が開けられる水位まで)
  3. 酸素系クリーナーまたは重曹を投入
  4. 5~10時間つけおき
  5. 浮き出たカビをネットで丁寧にすくう
  6. 2~3回すすぎ洗いをして終了

洗濯機のカビの予防方法

洗濯機のカビを予防する方法をご紹介します。

洗濯機はカビが生えやすい環境です。

予防である程度のカビの繁殖を防ぐことができます。

3か月に一度の掃除

洗濯機のカビは3カ月で再びできてしまいます。

3カ月に一度の掃除を目安にしましょう。

こまめなごみ取りネットの掃除

ごみ取りネットにごみが溜まったままにしていると、そこからカビが繁殖します。

週に1度はごみ取りネットを掃除しましょう

また、洗剤や柔軟剤の投入口洗濯槽の淵もごみが溜まります。

洗剤のこびりつきもカビの元になるので、こまめに掃除をしましょう。

衣類をため込まない

直接洗濯機の中に衣類をため込んでいる場合は注意です。

洗濯かごに衣類をためて洗濯するようにしましょう。

濡れたタオルや汗まみれの服は、カビの繁殖を促進させてしまいます。

また、洗濯後すぐに洗濯物を干さない場合も注意です。

湿度の高い状態は、カビが繁殖しやすくなります。

衣類だけではなく、洗濯槽まで雑菌が増殖してしまいます。

換気をする

洗濯機の蓋は開けっ放しにしましょう。

洗濯後は、水滴がたくさんついています。

蓋をあけて換気を行いましょう。

また、洗濯機はお風呂場やキッチンの隣など湿度が高い場所にあることが多いです。

換気扇をかけたり、除湿機をかける習慣をつけましょう。

洗剤の量を守る

規定量以上の洗剤は、上手く水に溶けずに洗濯槽に残ります。

ドロドロとしたカビが出来てしまいます。

規定量で十分汚れや臭いは落とすことができます

臭いが気になっていた場合は、洗濯槽のカビがそもそもの原因かもしれません。

洗剤・柔軟剤は、規定の量を守りましょう。

ひどい汚れは先に手洗い

ドロ汚れや食べかすが残った衣類は手洗いをしましょう。

洗濯槽の隙間に食べかすや皮脂が残ってカビになってしまいます。

ジムのウェアや部活着は汗や皮脂がたくさんついているので、一度手洗いすることをおすすめします。

手洗い後は、通常通り洗濯を回してOKです。

まとめ

洗濯槽のカビの取り方は分かったでしょうか?

めんどくさがり屋に塩素系クリーナーをおすすめします。

また、カビを予防することも繁殖を防ぐ一歩です。

3カ月に1度の掃除を目安にしてみてください。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?