WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

十三夜2018はいつ?意味や読み方は?日本らしい別名も紹介

お月見と言ったら十五夜を思い浮かべる人が多いでしょう。
しかし実は十五夜以外にもお月見をする時があります

それが十三夜です。
始めて聞いたという方もいるかもしれませんね。

ここでは十三夜2018年はいつなのか、読み方や意味などを紹介していきます。

十三夜とは?意味や読み方

十三夜
十三夜は、「じゅうさんや」と読みます

旧暦(陰暦)で9月13日頃のことをいいます。
十五夜が旧暦の8月13日なので、十三夜とは十五夜の約1ヶ月後に巡ってくる月のことを指しているのです。



十五夜は中国から伝わってきた風習と言われています。
十三夜は十五夜と似ていますが、日本固有の風習なのです。



十三夜の由来は3つ言われています。

  • 919年醍醐天皇の時代に十五夜の宴以外にも、9月13日に観月の宴を行なったこと。
  • 宇多法皇が、9月13日の月を愛で「無双」と称賛したこと。
  • 秋の収穫祭の1つとして広まった。

観月の宴は今で言うお月見のようなものです。
その宴の風習で残っているのが、お月見団子だと言われています。

十三夜の由来としては、どれもありそうな理由ですよね。

十五夜の次に綺麗だと言われている十三夜の月
それだけ綺麗だと、その月を見ながらお月見をするのが習慣となるのも分かる気がします。


お月見
また十五夜にお月見をしたら、十三夜にもお月見をするのが一般的です。
これは十五夜にしかお月見をしないことを「片月見」や「片見月」といい、縁起が悪いと言われるからです。

そのため江戸時代の遊里では、2度目の来ることを確実にするために、十五夜に有力なお客を誘う風習があったといいます。
十五夜に来て月見をし、十三夜に来ないと遊女らに嫌われてしまうため、お客のほうも十三夜にも顔をだすようにしていたそうです。

上手く商売にも利用するなんて、昔の人もすごいですね。


十三夜の月の様子はこちらを御覧ください。




忙しい現在で、月を眺めることなんてなかなかしないと思います。
昔の風習に従い、2018年は年2回のお月見を満喫してみてはいかがでしょうか。

十三夜2018はいつ?

カレンダー
十三夜も十五夜同様に、毎年日にちが違います。
今年の旧暦(陰暦)9月13日は何月何日なのでしょうか。 

2018年は10月21日が十三夜です。

また旧暦(陰暦)の毎月13日の夜のことを十三夜ということもあります。
しかし、十五夜に次いで綺麗だと称される月は旧暦9月13日の時です。

なので、一般的に十三夜といったら旧暦9月13日をさします

最近の十三夜の日にちはこのようになっています。

2014年 10月6日
11月5日
2015年 10月25日
2016年 10月13日
2917年 11月1日
2018年 10月21日
2019年 10月11日
2020年 10月29日
2021年 10月18日
2022年 10月8日日
2023年 10月27日


また旧暦の場合、季節とのずれを調整するために3年に1度閏月を設けます。
そのため、9月と10月の間に閏9月があると、9月の十三夜が2度訪れます。

その2度目の十三夜のことを「後十三夜」と呼んでいます

2014年は、171年ぶりに閏9月がある年でした。
その前に後十三夜があったのは、1843年(天保14年)。

200年近くないと起こりえないことなのですね。
生きてる時に後十三夜があったのは、ラッキーなことなのかもしれません。

十三夜の別名

栗
十三夜にはいくつか別名があります。
関連性や占いなど日本らしい名前がありますよ。

「栗名月」「豆名月」
十三夜のお供え物には、収穫できた野菜や果物もお供えします。

そのため、栗や枝豆をお供えすることが多かったのです。
結果、別名として栗や豆が使われるようになりました。


「小麦の名月」
旧暦9月13日の夜の天気で翌年の小麦の豊作、凶作を占う風習からきています。
そのような占いを行う地方で呼ばれる別名ですね。


「後の名月」
十三夜の月は、中秋の名月にも引けを取らないほど美しいと言われています。
そんな綺麗な月が、中秋の名月の翌月にくることが別名の由来です。


こんなにも別名があるとは驚きです。
同じ日を様々な呼び方をするのは、日本の面白いところだと感じます。 


他の月に関しての行事はこちらから。


十六夜2018の意味と読み方を紹介。月待ち講とはどんな行事?

十三夜の食べ物は?

十三夜の食べ物
十三夜も十五夜のようにお供え物を用意し、お月見をします
お月見をしながらそれらを食べることもあるので、十三夜の食べ物と言えるでしょう。

お供え物は、十五夜の時と似ています。

  • お月見団子
  • 季節の果物や野菜
  • すすき
    ※もしくは秋の七草

これらを月見台に置き、お月見するのです。



月見団子の数は、2通りあります。

  • 呼び名の日数で、十五夜なら15個、十三夜なら13個。
  • その年の旧暦の月の数で、平年は12個、閏年がある時は13個。


特にどちらにしないといけないというものでもなく、地域によって風習に違いがあります。

季節の果物や野菜では、栗や枝豆、葡萄や柿などがお供え物になることが多いです。
旬の農作物をお供えすることで、豊作を感謝しているのです。


詳しいお月見のやり方や月見団子については、こちらを参考にしてください。

歌や小説に十三夜がある?

小説
十三夜にちなんだ小説や歌がいくつかあります

有名なのは、樋口一葉の短編小説の「十三夜」ではないでしょうか。

他にも鈴木雅之の楽曲にも「十三夜」があります。
さらに美川憲一の楽曲にもあるのです。



また徒然草にも十三夜の月についての文章が出てきます。

「8月15日、9月13日は婁宿(ろうしゅく)なり。この宿、清明なるが故に月をもてあそぶに良夜とす」
という文章があるのです。

この文章の言うところの宿とは「二十八宿」のことだといいます。
この二十八宿の宿とは、月がその日どの星座にあるかを表したものでした。

婁宿は婁の星座の名前なのです。
現在のおひつじ座の頭あたりの星です。

つまり上記の文章の意味は、このようにあります。

8月15日と9月13日の月は、婁の星座にあたる。
この星座にあたる日は、清らかで曇りがないので、月を見て楽しむのによい夜だとしている。


しかし現在は、婁宿に月は見えません。
実際に見えていたのは2000年前ほど、徒然草が作成された頃です。

十三夜まとめ

いかがでしたか。
2018年はお月見がしたくなったのではないでしょうか。

十五夜は雲に隠れて月が見れなかったり、すっきりしない天気のことが多いです。
それに対し、十三夜の夜は「十三夜に曇り無し」という言葉がうまれるくらい、晴れ晴れとしすっきりしていることが多いようです。

秋晴れの夜に浮かぶ、綺麗な満月は幻想的でさえあるかもしれません。

心を癒やすためにも自然に触れてみるのもいいと思います。
天体観測などのシーンでよくありますが、芝生の上に寝っ転がって見れたら気持ちよさそうですよね。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!