WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

横浜花火大会2018の日程や有料席は?横浜スパークリングと開港祭を紹介

夏といったら花火大会ですよね。
横浜港の花火大会は毎年、複数行われるのをご存知でしたか。

2018年に行われるの2つの横浜花火大会を紹介します。

横浜花火大会3選

横浜花火大会
横浜で行われる花火大会はいくつかあります。
その中でもこの3つが有名です。

  • 6月に行われる「横浜開港祭」の花火大会。
  • 公園海上を彩る「横浜スパークリングトワイライト
  • 横浜の夏イベントの代表「神奈川新聞花火大会

特に「神奈川新聞花火大会」は、横浜で開催される花火大会の中で最大規模のものでした。
毎年楽しみにしていた方も多いでしょう。

しかし残念ながら、2016年の第31回で休止となってしまいました。
安全管理上の問題という理由で、現在も再開の見通しはたっていません。

同じぐらいの規模の花火大会が新しくできるのかも分かっていません。

また15000発の花火が横浜の空を飾る日が来ることを、楽しみにしていたいですね。



他の2つの花火大会は、2018年も開催されます。
今年はそちらを堪能してみてください。

横浜花火大会「横浜開港祭2018」

横浜開港祭引用:http://www.kaikosai.com

横浜花火大会の1つである、「横浜開港祭2018」
詳細はこちらから確認してください。


横浜開港祭2018の開催は6月でした。

横浜花火大会「横浜スパークリングトワイライト2018」

横浜花火大会引用:http://www.y-artist.co.jp

横浜花火大会の1つである、「横浜スパークリングトワイライト2018」について紹介していきます。

実は、横浜市内で2日間開催される花火大会はこのイベントだけなのです。

海と港を楽しむ2日間。
伝統的な大輪の花火や様々なデザインの制作花火が打ち上げられます。

海との対比がとても綺麗ですよ。
横浜の空を彩る花火を堪能しましょう。

2018年でまだ7年目と新しいですが、毎年いい意味で期待を裏切ってくれる花火大会になっています。
今年はどうなるのか楽しみですね。

日程 2018年7月14日(土)、15日(日)
時間 19:30〜20:00
花火の発数 両日3000発。計6000発
打ち上げ場所 山下公園前の海上
問い合わせ 横浜スパークリングトワイライト実行委員会運営事務局
TEL:045-681-2353
※当日開催可否は0180-99-1818
地図

 
※小雨決行、荒天中止

横浜スパークリングトワイライトの有料席

どうせなら綺麗に花火を見たいですよね。
横浜スパークリングトワイライト2018では、有料席はあるのでしょうか。

1番花火を間近で見ることのできる「大さん橋」が有料席となっています。
詳細はこちらです。

場所 大さん橋国際客船ターミナル
地図
屋上自由席 1人1000円
※レジャーシートが配布されます。それ以外の使用は不可。
岸壁 ペア席 2人5500円
岸壁 三脚使用カメラスペース 1人4000円
岸壁 テーブル席 1人3000円
岸壁 テーブル席ディナーボックス付き 1人6500円
ターミナルテラスVIP席 ディナー付き 1人10000円
購入場所 チケットぴあ

 
有料席の販売は、前日の7月13日まで行われています。
しかし売り切れ次第終了です。

すでにいくつかの席は完売しています。
購入を考えている方は、早めに行動しておきましょう。

横浜スパークリングトワイライトの穴場スポット9選

横浜スパークリングトワイライトの穴場スポットを紹介します。
有料席ではなく、無料で綺麗な花火が見たい方は参考にしてみてください。

全体の位置関係はこちらで確認してください。
穴場スポット

(1)山下公園

場所 山下公園
場所取り時間 16:00〜
※いい場所で見るなら早めの確保を。
地図

 
無料で1番近く花火が見ることができるのはここです。
山下公園は広いですし、芝生のエリアも多いのでレジャーシートを敷いて寝ながら花火を待つ人も少なくないです。

花火以外のイベントも近くで行われているので、あまり場所取りという意識がなくでもできるかもしれません。

16:00から場所取りができ、18:00頃にはシートで埋め尽くされます
いい場所で見たいという方は、早めに行動しておきましょう。

(2)山下公園のシーサイドレストラン&バー

シーサイドレストラン&バー引用:http://www.y-artist.co.jp

場所 シーサイドレストラン&バー
時間 11:30〜20:30
地図

 
椅子とテーブルが用意されています。
食事をしながら大迫力の花火が見たい方におすすめです。

しかし、いいスポットなので狙っている方も多い場所になります。
早めに行かないと場所の確保は難しいですよ。

(3)赤レンガ倉庫

場所 赤レンガ倉庫
地図

 
芝生もあるので寝っ転がって見ることができます。
またレストランも近いので食べ物や飲み物にも困りません

有料席に近い場所になりますので、綺麗に花火を見ることができますよ。

ただ場所によっては建物で下の方の花火が見れないこともあります
海のそばなら綺麗に見やすいので、おすすめです。

(4)臨海パーク

場所 臨海パーク
地図

 
少し打上場所からは遠くなります。
しかしその分、全く混んでいません

まったり見たい方にはおすすめな場所です。
遮るものがないので、下のほうの花火まで綺麗に見ることができます。

(5)港の見える丘公園

Jun Kojimaさん(@jun_ncp3114)がシェアした投稿

場所 港の見える丘公園
地図

 
少し距離のある港の見える丘公園。
実は花火が綺麗に見れる穴場スポットなのです。

高台に展望台があるので、遮るものがなく綺麗に花火を見ることができます。
あまり混雑もしていないので、のんびり鑑賞できますよ。

ただ緑が多い場所になるので、虫よけ対策はしっかりしていきましょう。

(6)象の鼻パーク

@ucf31aetqkがシェアした投稿

場所 象の鼻パーク
地図

 
テラスにはカフェもあるので、使い勝手がいい場所です。
ただ少し建物があるので、下の方の花火が見えにくい時があります

高さがある花火は問題なく綺麗に見えますよ。

(7)山下埠頭

Naomitsuさん(@naomitsu.jp)がシェアした投稿

場所 山下埠頭
地図

 
カメラの三脚が使用できる唯一の場所です。
使用したい方は早めに場所取りを行いましょう。

山下埠頭は普段は立入禁止ですが、横浜スパークリングトワイライト当日は一部開放されています。
打上場所からも近めですし、綺麗に見ることができますよ。

しかし混雑すると入場制限がかかってしまいます
また場所取りができるのは16:00からなので注意してください。

(8)元町公園

@unstagrapherがシェアした投稿

場所 元町公園
地図

 
元町公園自体、知っている人が少ないのであまり知られていない穴場です。
木に囲まれているので、虫よけ対策はしっかりしていきましょう。

静かに見たい方におすすめな場所です。

またプールがあるのですが、そこからも花火を見ることができます
プールで涼みながら見る花火も良さそうですね。

(9)ハーバービューレストラン

場所 ハーバービューレストラン
地図

 
レストランで食事をしながら花火を見たい方はここがおすすめです。
少し打上場所から離れていますが、綺麗に花火を見ることができますよ。

花火鑑賞クルーズもおすすめ

鑑賞クルーズ
横浜スパークリングトワイライトでは、花火鑑賞のためのクルーズもあります
お金はかかりますが場所取りする必要はないですし、ゆっくり食事をしながら間近に上がる花火を見ることができます。

混雑しない場所でまったり鑑賞したい方は視野にいれてみてください。

①横浜スパークリングトワイライト花火観覧クルーズ

船が着くのが横浜駅のほうなので、帰りの混雑に巻き込まれずに帰ることができます。

開催時間 18:30〜20:30
料金 12800円〜
※クルーズ代、お弁当代、添乗員代
スケジュール 18:00「山下公園のりば」に集合
18:45出船
20:30「横浜駅東口のりば」帰港後、解散
チケット購入 ポケカル

 
※2018年はすでに満席になっています。
14日、15日ともにキャンセル待ちです。

②横浜スパークリングトワイライト花火観覧クルーズ

船に乗っている時間が少し長いです。
花火だけでなく、クルーズも十分に楽しむことができます。

開催時間 18:00〜21:30
料金 12800円〜
※クルーズ代、お食事代
スケジュール 18:00「みなとみらい21・ぷかり桟橋」に集合
18:30出船
21:10「ぷかり桟橋」帰港後、解散
チケット購入 ポケカル

 
※15日はまだチケットがあります。
14日はキャンセル待ちです。

横浜スパークリングトワイライトのイベント内容

シップパレード引用:http://www.y-artist.co.jp

横浜スパークリングトワイライトは、花火を含め8つのイベントから成り立っています。
花火以外にも気になるものがあったら、足を運んでみてください。

7つのイベント

シップパレード 時間は14:00〜15:30。
みなとまち「横浜」ならでのパフォーマンスです。
14日は「横合港で働く船のパレード」
15日は「シャーカヤックパレード」
海難レスキューデモ 時間は13:00〜13:40。
横浜海上保安部、横浜市消防局によるデモンストレーション
トワイライトジュエリーポート 時間は18:50〜19:30、20:00〜20:15
イルミネーションに飾られた船が山下公園前海上を彩ります。
スパークリングパレード 15日14:00〜16:00
日本と世界の友好をうたうパレードです。
民族衣装をまとった人々とお神輿が作る華やかなパレードです。
スパークリングステージライブ 時間は15:00〜19:00
公園内の石のステージでは親しみやすい音楽を楽しめます。
夕暮れにはジャズ演奏と大人な雰囲気になります。
シーサイドレストラン&バー 時間は11:30〜20:30
毎年人気のコーナーです。
横浜の老舗レストランが作り出すくつろぎの空間になります。
PR・ファミリーコーナー 時間は11:30〜17:00
消防署、海上保安部の活動を体験できるコーナー。
小売の彫刻が好評のようですよ。

 

スケジュール予定

それぞれのイベントをまとめました。
複数体験したい方は、上手くまわれるよう計画を立ててみてください。

スケジュール引用:http://www.y-artist.co.jp

会場レイアウト

横浜スパークリングトワイライトの会場の位置関係は、こちらで確認してください。

会場地図引用:http://www.y-artist.co.jp

横浜スパークリングトワイライトのアクセス方法

アクセス方法を紹介します。
当日は交通規制も敷かれますので、公共交通機関の利用がおすすめです。

アクセス方法

会場 山下公園とその周辺、公園前海上
電車 みなとみらい線「元町・中華街駅」から徒歩3分
「日本大通り駅」から徒歩5分
横浜市営地下鉄ブルーライン・JR根岸線「関内駅」から徒歩20分
JR根岸線「石川町駅」から徒歩15分
首都高速湾岸線「本牧JCT」から10分
地図

交通規制

横浜スパークリングトワイライトでは交通規制、海上規制が実施されます。
2018年の情報はまだ公開されていないので、分かり次第追記していきます。




横浜花火大会の1つである、「横浜開港祭2018」
詳細はこちらから。

横浜花火大会まとめ

横浜花火大会の1つである「横浜スパークリングトワイライト」について紹介していきました。
花火以外にもイベントがあるので、1日楽しめるものになっています。

2018年は横浜花火大会で夏を迎えてみてはいかがでしょうか。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!