WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

闇風呂のやり方や効果は?怖くならないためのグッズも紹介!

シャワーだけだと疲れが取れないから、お風呂に入る。
という方は多いのではないでしょうか。

でも、中には色々な入浴剤や入浴法を試してみたけどそれでも疲れが取れないという方もいます。

そこで新たに、体の疲れを取るために試して頂きたい入浴方法が「闇風呂」です。

心と体の汚れや疲れをスッキリさせてくれる闇風呂についてまとめました。




闇風呂とは


引用:http://luxury-salon.net/
闇風呂とは、お風呂の照明を落として真っ暗な状態でお風呂に入ることです。

お風呂は夜に入ることが多いので、基本は明かりを付けて入ることが多いと思います。

その照明をあえて暗くして入浴することで、リラックス効果を狙うものです。

劇的に疲れが取れると言われているので、1度は試すべき入浴方法のひとつです。

闇風呂の効果

闇風呂の効果には大きく分けて2つあります。

どちらも他の入浴法よりも効果が期待されやすいので、ぜひ試してみてください。

リラックス効果


引用:https://plant-gift.jp/
闇風呂は照明を消して真っ暗にするため、リラックス効果が高まると言われています。

日々の生活ではテレビやパソコン、スマホの他にも街中の照明があるため、常に脳内の神経が過敏になっています。
しかし、照明を落として真っ暗にすることで脳の働きを休ませる効果があります。

また、温かいお湯に浸かる効果も同時に作用してくれるので、頭と体の疲れが同時に取れるといわれています。

目の疲れが取れる


引用:http://www.skincare-univ.com/
日常生活で、目から受け取る情報は80%を超えると言われています。
目は知らずのうちに酷使していることが多く、疲れていることにも気付きにくいです。

しかし、闇風呂では明かりを落とすので、目から受け取る刺激が少なくなります。
お湯や湯気の効果と同時に目の疲れも取りやすくなり、肩こりの原因なども取り除くことが可能です。

闇風呂の効果的なやり方

闇風呂をより効果的にはポイントが3つあります。

どれも簡単なものですので、闇風呂を試すときには下記のポイントを意識してみてください。

お湯は36〜40℃の温めに


引用:https://hapila.jp/
お風呂の中に細く長く使っていられるように、お湯の温度は36〜40℃の温めが良いとされています。

熱すぎるお湯は疲れが取れないどころか、体が疲れてしまう恐れもあります。

普段の入浴よりも「温め」を意識して、お湯の温度を調節すると良いでしょう。

明かりはキャンドル


引用:https://ja.wikipedia.org/
闇風呂での明かりはキャンドルがオススメです。

キャンドルのゆらゆらと揺れる光には、「1/fゆらぎ」という自然界にしか存在しない法則のリズムがあります。
そのリズムが脳内に快感ホルモンの分泌を促し、リラックスして心地よくなると言われています。

また、キャンドルの灯りは色温度が低くオレンジ色なので、心を癒す効果もあります。

スマホは持たない


引用:http://dopeylog.com/
お風呂で長風呂するために、スマホを持ち込む方は多いです。

しかし、闇風呂ではスマホは不要です。

スマホの明かりがあると目の刺激が増えてしまい、闇風呂としての効果が薄れます。

たまにはスマホから離れ、ボーとしてみたり考え事にふけってみるのも良いものですよ。

蒸しタオル


引用:http://antiagingbravo.co/
目の疲れを取るためにも、蒸しタオルがあると最高です。

蒸しタオルは目の疲れが取れるのと同時に、日常の世界とシャットダウンしてくれるので気持ちも落ち着きます。

蒸しタオルはわざわざ蒸したものを作らなくても、少し熱めのお湯を絞ったタオルで問題ありません。

闇風呂が怖い方の対策

女の子のなかには、暗いのが怖いという方もいます。

暗闇が怖い女の子でも闇風呂ができるように、暗闇対策についてまとめました。

脱衣所の明かりを付ける


引用:https://blogs.yahoo.co.jp/
「真っ暗なのはどうしても怖い」という方は脱衣所の明かりを付けて入浴する方法があります。

多少の明かりは入ってきてしまいますが、お風呂の扉はすりガラスで作られていることが多く、気にならない程度の明かりしか入ってきません。

カラフルなLEDライトを持ち込む


引用:https://blogs.yahoo.co.jp/
お風呂用で防水仕様で作られているカラフルなLEDを持ち込むのもひとつの方法です。

自分の好みでお風呂の中の色を変えることが出来るうえに、真っ暗になりません。

お湯の中にライトを沈めると、幻想的な雰囲気にすることも可能です。

ホテルのようなお風呂を味わいたい方にもオススメです。

闇風呂のおすすめグッズ

闇風呂にぴったりのグッズをまとめました。

闇風呂をより快適にするために、色々とグッズを試してみてはいかがでしょうか?

お香、アロマオイル


引用:http://www.bemocorner.com/
目からの刺激をシャットダウンする闇風呂。

体と心の疲れをさらに取るために、お香やアロマオイルを焚くというのもオススメです。

癒やし効果を更に高めて、香りの効果で心を休めるのにはピッタリです。

お香やアロマオイルは狭いお風呂の中で使うものですので、香りが優しめで落ち着いたものが良いでしょう。

バスボム、入浴剤


引用:https://aroma-oils.net/

最近では色々なバスボムや入浴剤が販売されています。

スーパーや薬局の市販のものでも十分ですが、さらにこだわりを持ちたい方は香りつきのものや炭酸系のものがオススメです。

また、闇風呂を楽しむために「泡風呂」にしたり、お花を浮かべたりするのも楽しみ方のひとつです。

防水スピーカー


引用:https://news.mynavi.jp/
スピーカーがあればお風呂にスマホを持ち込まなくても音楽を聞くことが出来ます。

ヒーリング効果の高いBGMやクラシックを聞きながらお風呂に入ると、耳からもココロの疲れを取ることができるようになります。

闇風呂の真っ暗ななかでも、寂しくならないというのもメリットのひとつかもしれません。




まとめ

光や音に囲まれた現代の生活は、思っている以上に疲れが溜まってしまいがちです。

闇風呂という普段と違う入浴方法で心と身体の両方の疲れを取るのはいかがでしょうか?

今日からでもすぐに始められるので、ぜひ闇風呂を一度体験してみてください。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?