WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

「ずつ」と「づつ」の違いとは?意味や正しい使い方も解説!

「ずつ」と「づつ」という言葉。

例えば、子供におやつをあげる時に「◯◯個ずつ(づつ)までね〜」というように使っている言葉ですが、実際にどちらの表現が正しいのかと言われると自信が無くなる方も多いかもしれません。

そこで、今回は「ずつ」と「づつ」の意味や違い、正しい使い分けの仕方についてお話します。




「ずつ」と「づつ」の違いとは?

「ずつ」と「づつ」の違いとは?意味や正しい使い方も解説!

「ずつ」と「づつ」の違いについてお話します。

【あわせて読みたい】
ビジネスシーンで印象を変えてしまう、間違えやすい敬語の使い方


「ますでしょうか」は間違い?正しい代替え語や二重敬語、直し方を解説!

現代的か歴史的か

「ずつ」と「づつ」の違いのひとつとして「現代かなづかい」か「歴史的かなづかい」という違いがあります。

「現代かなづかい、歴史的かなづかい」とは内閣が決めた日本語に関する取り決めのようなものです。
同じ日本語でも、今と昔の日本語では発音や表現は全く異なります。

現代で「いとをかし」という言葉を日常的に使う人が居ないように、平安時代と江戸時代でも日本語は違いますし、江戸時代と現代でも日本語は違います。

「ずつ」と「づつ」に関しても戦前までは歴史的かなづかいである「づつ」が使用されていました。
しかし、1946年(昭和21年)に内閣が告示した現代かなづかいが推進されて以降は「ずつ」を原則的には使用するようになりました。

この現代かなづかいが推進されて以降、今の日本で多く使用されている「ずつ」が日常で使われるようになりました。

ちなみに、1986年(昭和61年)に現代かなづかいの内容がアップデートされています。
今では原則的には「ずつ」ですが「づつ」も間違いではなく許容するということになっています。

1946年以前(昭和21年):「づつ」
1986年まで(昭和61年):「ずつ」
1986年以降(昭和61年):「ずつ」「づつ」

意味

「ずつ」と「づつ」のどちらも使い方としては「数量を表す時」に使うものです。

例えば「1人に2個ずつりんごを配る」や「自転車の旅で1日30キロずつ進む」などのように使います。

「ずつ」と「づつ」はどちらも意味は同じで、意味の違いはありません。
表現の方法が「現代かなづかい」か「歴史的かなづかい」かという違いがあるのみです。

実際の機関はどっち?

「ずつ」と「づつ」の違いとは?意味や正しい使い方も解説!

公的機関などが「ずつ」と「づつ」のどちらを実際に使っているのか調べてみました。

公的機関が使っている方を使えば「どっちが正しいんだっけな〜?」と迷うこともなくなると思いますよ。

NHK

NHKでの「ずつ」と「づつ」の表記方法は「ずつ」を使用していました。

NHKは丁寧で、番組内で間違えて「づつ」と表記しただけでも訂正文を公開しています。

「ずつ」への訂正文はコチラで確認可能です。

文化庁

文化庁での「ずつ」と「づつ」の表記方法は「ずつ」を使用していました。

文化庁の「ずつ」と「づつ」の表記はコチラより確認可能です。

文部科学省

文部科学省での「ずつ」と「づつ」の表記方法は「ずつ」を使用していました。

文部科学省の「ずつ」と「づつ」の表記はコチラより確認可能です。

こうして見ると、公的機関などは現代かなづかいに合わせて「ずつ」を使用しているようです。

学校などの教育機関でも「ずつ」で統一されているとのことでした。




正しい使い分け

「ずつ」と「づつ」の違いとは?意味や正しい使い方も解説!

気になる「ずつ」と「づつ」の使い分け方。
いつ、どのように「ずつ」と「づつ」を使うのが良いのか説明します。

正式な文書には「ずつ」が良い

仕事での書類や論文、作文などの正式な文書では「ずつ」を使用するのが好ましいでしょう。

なぜなら、現代かなづかいでは「ずつ」を使用することが推奨されているためです。
また、文部科学省などの公的機関や教育現場などでも「ずつ」が使用されているため、特別な理由がなければ「ずつ」を使ったほうが無難です。

極論、どちらでもよい

「ずつ」を使用するのが好ましいものの、「づつ」を使用することが間違いではありません。

友達や家族とのやり取りの時やメモなどの場合はわざわざ、どちらを使用するか悩むことも手間がかかるため「ずつ」と「づつ」はどちらでも良いでしょう。




まとめ

今回は「ずつ」と「づつ」の使い方について解説をしました。

「ずつ」と「づつ」はどちらが正解というわけではありませんが、日常生活において無難なのは「ずつ」を使用することです。

普段から「ずつ」を使用するように癖をつけておくと、「ずつ」と「づつ」のどっちが正しいのかと悩むこともなくなります。

もし、これから「ずつ」と「づつ」で悩む機会があれば、「ずつ」をしばらく使うように意識してみてはいかがでしょうか?

【あわせて読みたい】
ビジネスシーンで印象を変えてしまう、間違えやすい敬語の使い方


「ますでしょうか」は間違い?正しい代替え語や二重敬語、直し方を解説!

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!